ADEM 散在性脳脊髄炎 私の知らない世界

1 / 7 ページ

私の知らない世界

私は、髄膜炎で入院をして意識を失った。

一月半あまり、私の知らない世界がある。


断片的な記憶しかない私の知らない世界がノートに記録として書かれてあった。


【ADEMの記録】


私は、2009年1月末に宇和島市社会保険病院を退院した。

Yahoo検索サイトを見ていると広告が目に留まったのだった。

あなたのブログを本にしませんか?

その時、思った。

亜依が病気の経緯を記録している。

そうだブログを始めて、記録を本にして二人の人生に残そう。

こうして、ブログ『Rehabiritation Bodybuilding』が始まった。


すると、すぐに同じ病気の広瀬さんからコンタクトがあった。


ブログを始めた思いを忘れて、後遺症害の崖を這い上がる二人の戦いの交流が始まった。

まさしくそれは、戦場だった。

死ぬのか ?

生きるのか ?

そんな気持ちで自分と向き合い、広瀬さんと向き合った。

そんな交流が続いて、なんとか谷底から這い上がった。


何度か始めに思った病気の記録をブログに書こうとした。

しかし、書こうとすると思い出して…苦しくて…苦しくて…

どうしても、書き続けることができなかった。

でも、今何故、書き残そうとしているのか。


最近、映画監督の【喜多監督に聞く映画の世界 in Fukuoka】に参加をする出会いがあった。

福島さんのご縁から喜多監督、桑野ミミさんと出会い。

映画の世界を見ることが出来た。

この時、病気の時の不安だった気持ちを思い出した。

医院内で、病気のこと…、後遺症害のこと…、インターネットで探し続けた。

俺だけなのか…、一人なのか…、探し続けた…、不安、恐怖、孤独、死…、希望?

そんなことを考えてインターネットの世界を探して、さ迷う日々を過ごしていた。

情報を求めて…。


私は映画監督と出会い知った。

映画は、創り手も鑑賞者も関係なく「人の心に生き続ける」事が出来る。

だから、いつの日か皆の心に生き続ける映画を作れたらと思った。

「二人の奇跡の物語の一つ」として書き残す事にした。


【亜依の見た私の知らない世界】

ノートの記録

ADEM 2011/8/19


3年前、当時の私は何故か


「病気した事を記録しておかなければ!!」


という気持ちになりました。


使命感というか、衝動というか。


病気で苦しむ金ちゃんを横目に、自分でも何故そこまで細かく記録したのか…よくわかりませんが。


これから、その闘病日誌をもとに、私の目線で当時の状況をアップしようと思います。


今もなおADEMに苦しんでる方には、この記事で辛い現実をお伝えする事になるかもしれません。


その時は、ごめんなさい。


でも、彼は前向きにリハビリをして、徐々に回復しています。


杖をついてゴルフができるくらいに良くなっているのも現実です。


彼自身が諦めていないからこそ、私も辛い時の状況を口にする事ができるし、ブログの記事に書く事もできます。


少しでも参考になればなと思います。



【ノートの記録 1】

2008/6/14


友達とゴルフに行き、夜は飲みに出かけたが、23時30分頃のいつもより早い帰宅。


しかも、かなりしんどそう。


帰ってくるなり、「疲れたー」と言って横になる。


そのまま就寝。


2008/6/15


私が仕事で9時前に出かける時には、まだ寝ていた。


19時過ぎに私が帰宅すると、「今日は1歩もベッドから動けなかった」と言う。


この時、熱38℃


夕食のキムチ鍋を少し食べ、すぐに横になる。


「足(太もも)が痺れる」と言う。


頭痛もしていた。


ロキソニンを飲んですぐに就寝。


今思えば、6/14より以前も、昼間や夕方早い時間に帰宅し、リビングで寝ている事が多かった。


仕事が忙しい上に、ゴルフ・飲み会も多数有り。


本人は、風邪っぽく、微熱が続いてたと言うし、私の母は、異常な咳をするからおかしいと言うし。病気の前兆だったのかもしれない。


早く異変に気づいていれば…


ごめんね。


記録を付け始めたのは


2008/6/19日からなので、それまでの分は記憶の範囲で記録しました。



【ノートの記録 2】

2008/6/16


朝になっても、起き上がれない様子。


著者のKanamori Junkiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。