第九回 記憶の扉 ~ゴルフリハビリ~

1 / 22 ページ

2009年、Yahoo Blogの記憶の扉


2008年6月


発病して2年半がすぎた




退院して、もうすぐ2年がくる




意識を失い自分を認知できるようになったのは、発病後2ヶ月をすぎていた頃だった








全身が、麻痺で動かなかった




薬物治療は、続いた




手が、動くようになった





ベットの上で、ゴムボールとセラバンドを使ってリハビリを始めた




動かない脚にセラバンドを引っ掛けて、引っ張って、疲れれば寝て、引っ掛けて、引っ張って、疲れて寝て、ベットの上で24時間…




この繰り返しの日々を過ごしていた


みんなの読んで良かった!