ボクとアニキの起業物語 ~町工場から医療機器の会社を立ち上げた話~

1 / 7 ページ

医薬品事業 経営戦略企画

アシスタント・バイス・プレジデント


これはボクがシンガポールのベンチャー企業に勤務していた時の肩書きである。正直、何をしているのか?、偉いのか?偉くないのか?良くわからない。


そして今は…


カーターテクノロジーズ株式会社

代表取締役


アシスタントもバイスもなくなり、いわゆる一つの「社長」となった。ただ、なんの会社の社長なのか…相変わらずわかりにくい。



ボクはシンガポールにいた。

ボクは、もともとは国内の大手製薬会社の製造部門で働いていたが、色々あって新たなキャリアを目指し、医薬品や医療機器の開発を行うベンチャー企業に飛び込んだ。昔からボクは山っ気が強く、人とはちょっと違った道を好むタイプ。中学を卒業して、わざわざ埼玉県から栃木県の高専に入学したのもちょっと変わっている。この頃から何となく普通の人生よりもチャレンジングな人生を目指していたのかも知れない。結果、ボクの人生はいつもジェットコースターのように山あり谷ありの刺激的なものになっている。


 

シンガポールでの仕事は順調にはいかなかった。何よりも英語があまり得意でないボクは現地の同僚とのコミュニケーションに苦戦していた。そんな時、ボクを救ってくれたのは、ガンという名の中国系シンガポーリアンである。彼の年はボクより1コか2コ上、世代が近いということ、加えて彼も英語がそれほど得意ではないこと等、共通項がいくつかあり意気投合するのに、そう時間はかからなかった。仕事が終わると、ガンと夜の街に繰り出し、観光客ならば絶対に行かないようなお店で、食事をし、酒を飲んで楽しんだ。


そんな中、徐々に現地の同僚ともコミュニケーションが取れるようになり仕事も少しずつ回り始めた頃、帰国命令が下った。ボクの勤めていた会社はシンガポールに本社がありその子会社が日本にある。もともとボクは日本の子会社に就職して、シンガポール本社に転勤になっていたので、日本に戻れとのこと。実はこの頃、会社は資金繰りが大変で、お金のかかる駐在員を帰国させ経費を圧縮しようとしていた。

 

日本に戻ってからは給与のカットや購買品の制限等、徐々に会社の経営状況は悪くなり、ついにリストラも始まった。ボクは少しずつ新しいキャリアを探すことを始めた…。



ボクが生まれた場所。


ボクが生まれたのは埼玉県にある松伏町という小さな町である。読み方でよく間違えられるのだが「マツブセ」ではなく「マツブシ」が正解。現在も電車が通っておらず、田んぼや畑が目立つのどかな田舎町。最近はゴルフの石川遼くんの出身地として少しは名が売れ始めたが、それでも同じ埼玉県民でも知らないと言われるぐらいマイナーな場所だ。(その頼みの石川遼君も最近は成績が振るわず、松伏町の知名度も低下しつつある)


この松伏町にある関根製作所という小さな小さな町工場の次男としてボクは生まれた。関根製作所はボクのオヤジが脱サラして立ち上げたプレス金型の製作所である。オヤジは中学を卒業後に小僧として金型工場に住み込みで働き出し、30歳頃に会社を辞め自分で事業を始めた。

 

家の横にトタンで作った作業場にいくつかの中古機械を並べてオヤジは1人で仕事をしていた。ボクが子供の頃は、自宅の工場の経営状況など知る由なかったが、家族4人が特に不自由なく暮らせていたことから、何とか経営できていたのではと推察する。小学生の頃、ボクの家の工場が社会科見学の場所となりクラスのみんなが見学に訪れた。みんなが感心しながら機械を見学していたところに数々のオモチャが登場する。当時、オヤジの工場はオモチャの金型も手掛けていたので、この日はオヤジのおかげでボクはクラスの人気者になれた。



そんなほのぼのとした毎日も時が過ぎ、否応なしにオヤジも老いていった。関根製作所の事業が拡大することはなく、ボクの2つ年上のアニキが加わっただけで、関根製作所は2人で事業を推進していた。ボクがシンガポールから帰国した頃は、関根製作所の経営状況は必ずしも良いものではなかった。リーマンショックや海外への製造拠点の移転等、個人事業の金型製作業には、あまりにも厳しい経営環境であった。それ以上に長年の仕事がオヤジの身体へダメージを与え続けていたことから、オヤジは体調を崩し入退院を繰り返すようになっていた。個人事業にとって、働き手の離脱は直接的に経営状況の悪化を招く。アニキは1人で金型製作からプレス作業までこなさなければならず、負担が増していった。それでも仕事があるのならば、何とか経営は保てるだろうとボクは思っていたが、金型製作費は最近ではだいぶ値下がりしており、決して粗利の良い商品ではなくなっていた。

 

実家の工場がピンチの時、ボクは何かできることはないだろうかと考えた。ボクは一応だが、大学院で技術経営を専攻しており修士号を持っていた。加えて、ベンチャー企業で経営戦略なんぞに携わったこともあり、コンサルタントのように関根製作所の経営状況の分析を始めた。過去5年分の収益を確認していったところ、1つのことに気がついた。特に取引先別のデータを確認していた時である。山谷がある売上高の中でもコンスタントに売上高をキープしており、またその金額もある程度収益性の高いものであった。

ボク
ねー、このSS社とYS社って何の会社だったっけ?そこそこ良い取引が続いている印象なんだけど。
アニキ
あーそれは、医療機器の会社だよ。オヤジが昔から金型作ってあげて、部品で納めてるんだよ。最近は、プレスだけじゃなくて、ワイヤーとかフライスで部品に仕上げる品物もあるよ。

なるほど、なるほど。

他に業種別に括って、売上高データを確認したが、家電、自動車…特徴的な分析結果は得られなかった。

みんなの読んで良かった!