待たせすぎたね・・・

前編: それは必然だったのか?突然だったのか?
後編: 3.11

なぜ6年もの間、籍を入れなかったのか・・・?

なぜなら、将来の保障がなかったから・・・。


以前勤めていた会社は、合併を繰り返し、その度にリストラを行い、大きく成長し、世界で医薬品業界のトップクラスまで成長していった。

俺は既にスタッフマネージャーではあったものの、管理職であったため後ろ盾はなく、人事部に在籍していようがお構いなしに、いつリストラされてもおかしくはなかった。

ただ、当時の幹部からの信頼は厚かった。


じゃあ、なぜ籍を入れたのか・・・?

家庭を持ち、家族を守るのと同時に、攻める自分を奮い立たせるために籍を入れた。

もちろん、彼女のことも愛していた。

6年の同棲生活を送る中で、彼女から結婚を迫られることはなかった。

ただ、両家の親たちは結婚を待ち焦がれていた。


スタッフマネージャーを2年経験した後、グループマネージャーとなり部下を持つことになった。

それからしばらくは仕事も順風満帆で、ノリに乗っているこの時期に籍を入れることを決めた。

この写真は、初めて両家が顔を合わした時のものだ。

ご覧のとおり、彼女はすごく喜んでくれている。



続きのストーリーはこちら!

3.11

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。