Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?③

1 / 3 ページ

前編: Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?②

【秘技・ネットオークション】

「頭金を3日で獲得するには…」

部屋をぐるりと見まわしたのは自分の得意技で勝負するしかないと分かったからだった。

「よし。やるしかない」


その方法は「ネットオークション」。


私はネイリストになった時も学費をオークションで捻出した。

楽譜を読めないくせに中学からずっとトロンボーンをやっていて、音大受験のために購入したトロンボーン。

学生時代、パワー型のプレイヤーだったので普通の楽器が合わず、3カ月かけて探してもらいイギリスから輸入してもらったものだった。「日本で3台しかないんですよ、ほんっと、もう…」と愚痴交じりに楽器屋さんに聞かされた憶えがあった。


その楽器は年季も入っていたけれどいい楽器。だけど、日本で3台しかないということは逆を言えば「売れるかどうかわからないもの」でもあった。日本人には向かない「曲者」の楽器だったそう。

売ろうと思ったときに査定してもらったら案の定、二束三文。

ただ、この楽器は形見同然のモノだったため思い入れもあり、「変な人」には絶対売りたくなかったし、大切にしてくれる人に譲りたかった。


せめて価値を理解してくれる人に…と思ってのネットオークション。

初挑戦だったが、見事に学費分+αを捻出して自宅サロンにこぎつけたことがあった。

ここではどうやって高値で売ったかは書かないけれど、「価値を伝えられたら、価値相当のお金が手に入る仕組みがある」ということはわかったし、その後も自分のこの感覚が通用するものか確かめたかったのでしばらくネットオークションは続けていた。


「あぁ…またあの時と同じだな…」と私の視線の先にあったものはやっぱり…トロンボーン。

しかも真っ黒に輝く、これまた日本で数台しかないカタログに載っていないトロンボーンだった。


楽器屋さんの友達に「いくらくらいになると思う?」と聞いたところ「良くて…7万くらいかなぁ…黒を欲しがる人も少ないし…」とのこと。


状況としては「あのとき」と同じ。同じだからこそ「いける!」という確信を持てたのかもしれない。



【自分の人生と賭けをした】

久しぶりにパソコンに向かって作業をしていると、それを覗き込んだ家族が「ローン終わってないのに売るのか?」と呆れたような顔で言ってきた。

 

「いつまでに金がいるの?」

「3日後」

「売れるわけねぇじゃん」

「やってみないとわかんないから」

「即落させる気なの!?無理でしょ」

「やる前から無理とか言わないでくれる?(怒)」


普通ならここで「家のを…」という会話に発展する人も多いのかもしれないけど、死んでもその手段は使わないと決めていた。

 

「3日で落ちなかったら、諦めるんだろ?学費ないんじゃどうしようもない」


この言葉を聞いて、むしろ事態をひっくり返すチャンスだと思った。ライターへの道を諦めさせたい人を黙らせるには結果しかないからだ。


みんなの読んで良かった!