Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?②

1 / 4 ページ

前編: Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?①
後編: Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?③

【器用貧乏は貧乏でした】

セールスライターになる以前は、セミナービジネスの塾に入っていました。

この塾に入塾したのも「入ったら、何か人生が変わるのでは?」と思ったから。


当時、私が何をしていたかというと、ネイリスト・占い師・カメラマン・アクセサリー制作販売・カウンセリング…。

「やろうと思えばそこそこなんでもできる人」なのに自分が何者かを説明できないことが歯がゆくてたまらなかった時期でした。


今だから言えるけれど、仕事も家の中も全てがうまくいっていなかったので、生活のすべてをひっくり返して逃げ出したい毎日。頑張ろうとすればするほど、一番応援してもらいたかった人に否定をされる状況は、思った以上に辛かったことを覚えています。


絶対に一致することのない価値観のぶつかり合いで、神経が疲弊しきって1日1時間を切る睡眠時間になってしまったときに、有り金かき集めて私はヨーロッパに10日間ほど家出。(この家出話は別ストーリーにて)


この時も東京まで新幹線に乗ったし、飛行機も乗りました。入塾も決まっていたのに不謹慎ですが「この飛行機、いっそ、落ちてくれないかな」と14時間乗る飛行機の中で思い続けていました。それくらい「こんな毎日」を終わらせてしまいたかったんです。


帰国後、精神的にもひどく孤独だった状態でしたが、逆に自分のことに取り組むには最高の状況だったとも言えます。否が応でも自分の将来のために取り組むしかなかったし、自分だけが将来の自分を助けられるんだとハッキリわかったから。


わかりやすく言うと、自分が1人になったときに生きていける術を身につけることをこの時に決意。


応募したセミナービジネス塾は審査があり、その意欲を入塾希望の際に書いて送ったら…副特待生枠に入り、少しだけお得に受けられたのだけど…。


現実はオンライン受講がメインで、頑張って課題をこなしたものの東京に行かずに終わってしまいました。

受講が進むにつれて「私みたいな成功できないただの人が、こういった塾にいてはいけないんじゃないだろうか?」とさえ思うようになっていき…。


しかし、受講の全日程が終わる頃、思い切って先生に相談することに。

「払ったお金がもったいないし!」と自分に言い聞かせて無料コンサルを受けてみたんです。そう言い聞かせないと勇気が出なかった。


1人の先生からは「オークションで軍資金の話、すごいじゃん、それやってみたら?あと、結構書ける人だし、ばっさばっさ人のブログを斬ってアドバイスしてみたらどう?」とフィードバックをもらいました。


そして、もう1人の先生からのフィードバックが、大好きな新幹線に乗る機会を与えてくれました。


その先生のフィードバックは「真紀さん、器用貧乏だね。これだけ器用じゃ、稼げないよ」という言葉。さらには「僕と同じで社会貢献型だね。稼ぐより人のため。でももっと人のためになる仕事があるよ?」


その続きは、私が想像していないものでした。


【こんなチャンス、ないんだよ⁉】

「真紀さんの文章って読みやすいね。長いのに、こんな読みやすい人いないよ。ライターにならない?」


相談案件とは全く別方向からのフィードバックに「え?」と思わず言葉を失ってしまった私。

セミナービジネス塾にはこのあと師匠の1人となるセールスライターの先生もいました。

それを知ってるからこそ「私がライター?いやいや…え?急に何を言ってるんですか?」と別次元の話でコンサルティングが進んでいくことについていけてない自分がいました。


「とりあえず説明会するから、東京おいで」


みんなの読んで良かった!