ぼくの初めての風俗デビュー。AV女優と愛犬のぼー太郎さん

2 / 2 ページ


それ以来、玄関先で物音がするたびに愛犬のぼー太郎さんはいつも玄関に迎い、ずっと見つめていた。





誰かの帰りをいつも待っていたのだろうか。



愛犬のぼー太郎さんは久しぶりに女性が来てえらく喜んでいた。元恋人だと勘違いでもしていたのだろうか、尋常じゃない喜び方だった。



ただちょっと待ってほしい。ぼー太郎さん。

それは元恋人ではなくAV女優だ。


ぼくには時間がない。

30,000円を払い60分と時間が限られているんだ。



AV女優も犬が大好きなようでぼー太郎さんと仲良く遊んでいる。


おいおいおい冗談じゃない。そうこうしているうちに10分が経過したので残り50分となってしまったではないか。

これ以上の時間ロスは絶対に許されないので、ぼくは苦渋にも愛犬のぼー太郎さんを閉じ込めておいた。





そして愛犬を置いてぼくたちは隣の寝室へ移動した。


これ以上はプレイ内容のレポートになってしまうので割愛するが、専門用語でいえば基盤といったところだろう。隣の部屋でドアをずっとガリガリしてる愛犬などまったく気にすることはなかった。


独りで寝ていた我が家のクイーンサイズベッドを有効に活用することができた。


ただ、新婚用に購入したこのクイーンサイズベッドは、プレイ中どうしても元恋人が投影されたような気がしてしまったのだ。


しかしながらAV女優の魅力的なプロポーション、洗練されたテクニックは多くの女性諸君の比ではない。言わずもがな元恋人では足元にも及ばないことから、投影されたような感覚は気のせいで、そんなことは考えもせず全精力を注ぎぼくは2ヶ月間も備蓄したロケットランチャーを発射した。





ぼくはわりと「早い」ほうなので60分コースで充分であった。ロケットランチャーの点検などいらずさっさとロケットランチャーが撃てればそれでいいのだ。


ただ実質的には愛犬のぼー太郎さんのせいで45分だったともいえる。


そしてそのAV女優はまた愛犬に駆け寄りえらく可愛がってくれた。しかし本来であれば残り時間はぼくとのにゃんにゃんタイムではなかろうか?犬とのわんわんタイムってか!


ただぼくは「その後」はさっぱりしてるほうなので特に気にしない。さっさと帰ってくれてもいい。そしてそのAV女優は愛犬のぼー太郎さんと写真を撮って帰っていった。




後日



満を持して風俗デビューを果たしたぼくは、またリピートしようかと「美少女図鑑新宿本店」のサイトを閲覧していた。

風俗サイトにはだいたい「女の子の写メ日記」というものがある。

それをざっとみていたのだが、先日のAV女優が愛犬のぼー太郎さんとのツーショット写真を風俗サイトに掲載していやがった!



本日のお客さんはわんちゃんを飼ってました♡

チワプーのぼーちゃんです♡




おいおいおい冗談じゃないぜ。

当時は歌舞伎町にほど近い新宿三丁目で美容院を経営していたので、お客さんにもキャバ嬢や風俗嬢も少なくない。それに「美少女図鑑新宿本店」にはうちの常連さんも働いているのも知っていた。


たまに愛犬も美容院に連れていっていたこともあったので、もしも写メ日記を見られたら、このぼくがデリヘルを利用したとすぐにバレてしまうと当時は少し焦ったものである。


まさかぼー太郎さんも風俗サイトデビューを果たすとは、いやはやさすがぼくの愛犬といったところだろうか。



新宿界隈にお住いの諸君ならご存知かもしれないが「美少女図鑑新宿本店」は現在閉店している。AV女優と愛犬の写メを晒してもよかったのだが無念にもそれはもう残ってはいない。

また調べたらそのAV女優も引退されているようなので公表は控えたいと思う。




最後に



このようにして風俗デビューを果たしたぼくだったが、デリヘル嬢が帰ったその夜はなんとも空しい賢者タイムだったことは言うまでもない。


そんな夜に何気なくかけた曲は、Bruno Mars(ブルーノマーズ)だった



Bruno Mars - Just The Way You Are




この曲は、2年前のぼくの結婚式にBGMで使おうと決めていた曲




なので今でもこの曲を聴くと、当時を少しだけ思いだしてしまう時がある





もう2年も経つのに、





正直いえば、もう一度会いたいなんて思うこともある






あの時のAV女優に






著者の香取 正博さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。