ぼくの初めての風俗デビュー。AV女優と愛犬のぼー太郎さん

1 / 6 ページ

ぼくの風俗デビューは意外にも遅かった。






多くの男性諸君が20代、いや10代で風俗デビューを果たしている中、ぼくの風俗デビューは30歳の時であった。


と、その前に今回は風俗レポートを書きたいわけじゃない。ぼくがどんな思いで風俗デビューを果たしたのか?そこにはちょっとしたストーリーがあった。


これまでは、ぼくは風俗にお金を払い性的サービスを受けるという愉しみというのがあまり理解できなかった。


いや、女性と営みたい気持ちは正常どおり寝ても覚めても持ち合わせている。このあたりは多くの男性諸君が同調してくれることだろう。


しかし風俗に例えば2万円を使うならば、女性を誘いディナーに1万円、そしてホテル代1万円の計2万円を使ったほうが愉しいという価値感だ。


もちろん成功確率は50%を下回るが、失敗してもディナー代約1万円で済むし飲み食いできれば損ではない。それにもし成功して自宅のマンションに連れ込めればホテル代はタダだ。


手っ取り早く風俗で確実にやれるのもいいのだろうが、パンパンできるかできないかの一連の体験を愉しむのもまた一興である。


当時は「風俗には興味は無い」

なぞとクールに硬派を気取り、風俗に行った事がない!という馬鹿なステイタス性を自身に感じていた。


しかしながら今思えば、興味はあったくせに風俗に行く勇気のないただのポークビッツ野郎!だったといえる。




20代は安定の性生活



とはいえ、ぼくの20代は3年間の恋人、6年間の恋人がそれぞれいたので、とくに性生活には困ってはいなかった。


そして基本的にぼくは浮気はしないタイプなのでその間は彼女以外を抱くなんてことはあまりなかった。


しかし30歳ともなり、ちょうど婚約もしていたので、愛を誓い死ぬまで妻しか抱けない人生なんて・・・


一生おなじテトリスをやるようなものではないかと少しだけ怯んでいたりもした。


なのでもっとオッサンになったら、将来は絶対に風俗に行くぞ!と密かに心には誓っていた。


しかしながら、もっとオッサンになってからの風俗デビューだったはずが、予想よりもそれは早く訪れた。


みんなの読んで良かった!