人生は時に不公平〜4〜

前編: 人生は時に不公平〜3〜
後編: 人生は時に不公平〜5〜

2度目の転校をする事になるのだ。

理由はマイホームの購入である。

はたから見れば幸せな家族だろう。自分も嬉しかった、自分の部屋というのが出来て逃げ場が出来たのだ。

しかし、転校先は全校生徒60人位の小さな学校だった、転校先の学校での休み時間に野球に誘われ校庭が小さい為、ゆうにフェンスオーバーしてしまった。

打ってしまった、相手が悪かった、その学校のボスみたいな存在だった。

スポーツ万能、長身、勉強も出来る、最高の標的だったのだろう。

人数の少ない学校では致命的だった、毎日無視され友達も出来なかった、家でも地獄、学校でも地獄。

なんで自分ばかり転校をしなきゃならないんだ、本当に辛かった。

溜まりに溜まったストレスで、そのボス的存在と喧嘩をしてしまった。

それが功を奏してそのボスに付いてた人達が寄ってきた、いつしかわだかまりはなくなっていた。

しかし、家ではますますエスカレートしていく虐待。

そんな中、また彼女が出来た、きっとこの時から1人でいる事、誰かに必要とされる事に執着していたのであろう。

そして、この小学校の卒業式、本当に苦痛だった。

続きのストーリーはこちら!

人生は時に不公平〜5〜

みんなの読んで良かった!