人生は時に不公平〜9〜

前編: 人生は時に不公平〜8〜
後編: 人生は時に不公平〜10〜

特待生の話をけり、野球を捨てる覚悟を決めた。

正直言えば2年の時に県選抜大会でもの凄い投手と対戦した事があった、バットに当てるのが精一杯でこんなのありかよって思った。

そんな時に中学3年の夏にその人が1年で甲子園に出てるのを見て、1回2失点で降板してた。

それを見て凄くショックで野球への自信がなくなっていった。

そんな中、入試の時期が近づき、普通は私立を数校受けて、滑り止めだったり自信をつける為だったり受けるのだが

うちの母親はそれを許さなかった、金が掛かるからだそうだ。

この時期には進路の事での3者面談もあるが、来てくれなかった。

先生との2者面談だった、凄く先生に心配され同情され惨めで仕方なかった。

高校の学費も自分で払えと母親に言われ

どうして普通の家庭のような普通の生活が出来ないの、、、

溜まりに溜まったストレスから初めて母親にブチキレてしまった!

続きのストーリーはこちら!

人生は時に不公平〜10〜

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。