専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その1

1 / 3 ページ

後編: 専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その2

私は、仕事とうまく向き合えない人生を送ってきました。




転職を繰り返し、鬱状態になり、


働くことそのものに希望を失っていた時期もあります。






・なぜ、専業主婦になりたいと思っていたのか


・なぜ、専業主婦になりたかった私が会社を辞めて起業したのか




私の変化の過程を、時系列に沿ってお話します。





私は、都内の4年制の私立大学に通っていました。


明確な目標や将来の夢はあったわけでもなく、


勉強はそれなりに真面目に取り組みながらも


サークルやバイトや飲み会を楽しむ、


ごく普通の女子大生でした。






3年生の秋から、就職活動が始まります。


私は居酒屋のバイトがすごく楽しかったから、


「接客業に就きたい」と漠然と思っていました。

みんなの読んで良かった!