三児の母医学生

前話: 逆境の中でも夢を諦めたくない女性へ

今思うと医学部を目指した時は、まるでエベレストを一番下から眺めている気持ちだった。あの頂上にいつか辿り着くぞと思った。

不思議と不安はなかったが、やり遂げるぞと思って意気揚々とした気持ちだった。

そのあとのものすごい苦労が待っているとはつゆ知らず。


医学部に合格した時のあの感動は今でも忘れない。

主人の勤める会社の社宅にいた私。もう30代の終わり何としてでも受かる気持ちでいたけど、年齢的に今年が最後かなと思って受けた。

当時社会人入試を受け先に合格していたIさんが合格の掲示板をガラケイ

に送ってくれた。

Iさん
Mさん、合格していましたよ。写真を送ります。
本当ですか?信じれないです。本当に?


それをみた時は信じれない気持ちだった。

だけど確かに私の番号はある。20倍はゆうに超えていただろうあの入試。合格したんだと喜びが全身に溢れてきた。そして母に電話した。

合格した、やったやった。ねえ合格したんだよ。


長女がまだ3歳、長男がまだ6ヶ月だった。

合格した大学に向けて長男、長女、私は北海道から海を渡り愛知に移った。

*子供達を保育園に預けながら通う大学。

あれだけ夢見た病院での実習。夢のようだった。毎日が必死で毎日が充実していた。

続く。

著者の前島 貴子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。