~女性の本質を見抜け~ 仲良しと馴れ馴れしいの違い。

1 / 4 ページ

前編:  ~ホームシック。~
後編: ~初キャバクラ~ それが営業。



新人王が始まって一週間。




同時に代表Yさんからのプレッシャーに耐えて一週間。



流川頑張ってました。




 

まず、代表のヘルプにつくことから始まりました。




よし!がんばろ!!



って



めっちゃプレッシャーですから。



いやほんと。




代表が不在のテーブルにヘルプに着くと、




凍てつくような雰囲気が・・・・・


お客様『言うけど私、Yさんしか興味ないからあなたは好きにしてていいよ。』




流川心の声(そりゃそうでしょうよ。Yさん居るときといないときのギャップ激しいし。




ほんとは自分も着きたくないんですよ~(・_・;))




流川『そんなことわかってますって♪代表戻ってくるまで自分で我慢しててください♪』



流川心の声(よし!うまく対応できた!このまま代表戻ってくるまで何とかつなげよう!)




と思ったその時。





お客様『なんか君馴れ馴れしいね。ヘルプ着かないで』



流川『・・・・・・・・・・すみません。失礼します。』




と、ダウンサービスをして自分のグラスを下げ裏に行く流川。




(ダウンサービス・・・・片膝を立ててしゃがむこと。お様より目線を低くし、よりおもてなし感を出すため?基本的にテーブルへ出入りするときにする。)




 




流川心の声(全然ダメじゃん・・・・・最悪や・・・・・・怒られる~)



 





と、裏にいる支配人Tさんが




『どうした~?下がってきて。あそこヘルプ着かなくてよかったの??誰もいないじゃん。』



 


流川『馴れ馴れしいから下がれってお客様に言われちゃいました。だから下がってきたんですけど・・・・・』





支配人『あちゃ~。もしかして機嫌悪かったんじゃない?あのお客様ね。いつもあんな感じだから気にしない方がいいよ♪代表が一緒居るときに仲良くなれば大丈夫!』






流川心の声(え。いつもあんな感じってめっちゃ迷惑(・_・;)でもさすがやな。支配人w)




 




流川『そうなんですね(-_-;)がんばります。』





その日の営業終了後・・・・・



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。