~初キャバクラ~ それが営業。

1 / 5 ページ

前話: ~女性の本質を見抜け~ 仲良しと馴れ馴れしいの違い。
次話: ヘルプを征するものがホストを征する 



新人戦も終わり、そこには敗北することに慣れた流川がいました。




『俺は俺のペースでやって行こう』




競う事も大切だし、勝つために無理する、無理ができるのであればただがんばればいいけど




がんばった後には何が残るんだろう。




 




来月も成績0からだし・・・・




その時だけ良くてもね。



って誰かに言われたんです。




覚えてないけど。(笑)




ただ一位のAさんは言ってました。




『来月??そりゃまたがんばればいいのよ♪』



そりゃそうですよね。やるしかないんだからw





と、


 


かっこいい同期の背中を見て流川。


カッコいい事言えるよう・・・・


営業という名のキャバクラ巡りに行くことに。




(営業・・・・指名に繋がるために。飲みに行く。自分を売り込むための一つの手である。)





まだ18歳で夜の世界も全然知らないし、飲み屋さんとか行ったことないんですよ(-_-;)



緊張Maxですよ。





今回は先輩ホストKさんに同行することに。



すると。


 

Kさん『あんね?代表とかGさんとか飲み屋行くときは仕事の一環だからなとか言ってるけど俺は遊びやから。お前も気ぃぬけや』




流川心の声(何この人。何言ってんだwヤンキー思考なのか?僕の中で代表の言葉は絶対なのに。)



Kさん『ちなみに俺は指名のお客さんのとこしか行かないから


その連れとか仲良い子なんか誰か紹介してもらえばいいっちゃが♪』



流川(あれ??イイ先輩じゃないっすかwさっきは変なこと思ってすみません(-_-;)お客さん紹介してもらえるなら喜んで!!!)






とは言ったものの・・・





来たのはスナック・・・・・・?(-_-;)







 

流川心の声(キャバクラかと思ったら・・・スナック。)




カウンターには一人の20代半ばの決してかわいいとは言えない女性が。



女性『いらっしゃいませ~。ってKちゃんじゃん♪』

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。