4月から無職になる。「疲れた」という、とてもシンプルな選択肢。

1 / 3 ページ

僕は今、島根に暮らしている。



島根に来てから、およそ3年。


東京から移住を決めた、あのときの僕は、おそらく今よりも活力にあふれていた。




当時の仕事を辞め、自由を手に入れ、その開放感もあったと思う。




でもそれ以上に、あらたな場所であらたな挑戦できることにワクワクしていた。









あれから3年。




僕はあらたな道をまた進むことになった。








僕は、4月から無職になる。




およそ3年間お世話になった地域活性に関わる職場から離れることになる。
















これからどうするかは全く考えていない。












でもただひとつだけ決めていることがある。








それは、













休む。













ということだ。

















仕事を辞める理由は大したことではない。



著者の渡辺 諭|さっとんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。