アッコにおまかせの藤井隆のラーメン食べ歩きにハガキを書いたら藤井隆さんが本当に来た話。当時、高校三年生の私は推薦入試で会えなかったのだが・・・。

1 / 3 ページ

前編: 人生の無駄遣いをしなくなった日。私の3・11をふりかえる。6年目の帰村。

 いまだに健在、アッコにおまかせ。噂では打ち切りの話もちらほらですが、当時、高校生の私は東北の田舎村で、テレビくらいしか娯楽もなくて、お笑い番組や笑点が好きでした。



  当時の私は大人しく地味で、友人も少なかったのと、祖父母の影響でみるテレビ番組も渋いものが多くて同級生から変わっている子だと思われました。それは大人になった今もあまり変わっていませんが。


 


藤井隆
藤井隆のラーメン食べ歩き~



 そんなアッコにおまかせのテレビのフレーズを聞いて、私は、ふと思い出したのです。

 祖父の残した遺産のひとつ。趣味ではじめようとして作り、完成間近に転落死して、お店は祖父の娘、私の叔母が経営することになったラーメン屋「天山」


 ハガキを出すだけ出してみよう。このオネエみたいな人、面白い。きっと売れっ子になる。失礼になるけど、まだそんなに有名じゃないうちなら、来てくれるかもしれない。


 私はその時、吉本新喜劇をみてそう思っていたのです。


 それでも全国ネットの番組に採用される確率は低いと思って、あまり期待せずにハガキを出したところ。




 数か月して、ハガキを出したことさえも忘れかけていた時期に

母親
ねえ、アッコにおまかせのプロデューサーって人から電話。何かのいたずら?



 いえいえ。いたずらではありません。出した記憶があるのですから。


 震える手で、受話器をうけとり、声まで上ずってしまいました。


 電話の内容は、ハガキを読んで、藤井隆本人が、ここも取材したいと申し出てくれたそうでした。売り出して間もない自分のファンだという子がいるなら、食べに行きたいと言ってくれたと聞いて感極まってしまいそうでした。


 想いが通じた!!と一瞬だけでも心が通じたんだと、とても嬉しかったのを覚えています。


 そして取材の日を聞いてショックを受けました。その日は歯科衛生士の専門学校の推薦入試の日で、千葉県にいなければならない日でした。


 会えない・・・。人生で初めての芸能人と会うチャンスだったのに、まさかの推薦入試の日。



 我が家は掛け持ちで何個も受験しても良いというような家でも父親でもなくて、ダメなら実家石材業のダンプの運転手というプレッシャーもかけられていて、運動音痴の私が、マニュアル運転のダンプなんぞとんでもない話で、この推薦入試で合格しないとあとがありませんでした。



私が会えないのは仕方ない。でも、おじいちゃんの作ったラーメン屋は、いろんな人に知って貰いたい。完成させて、たくさんのお客さんに会うのを楽しみにしていたのに、あと一週間で完成、そんな時に亡くなったので、少しでも宣伝になることがしたかった。

みんなの読んで良かった!