姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<6章>

1 / 2 ページ

前編: 姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

「心拍数」


価値を上げていく。
とはいえ、カリスマを目指そうとか、チョコレート業界の重鎮に下剋上を仕掛けるわけじゃない。

世界に名前を轟かせているパティシエ、ショコラティエに挑むつもりでローチョコレートを始めたわけではないからだ。

妹がローチョコレートにのめりこんだのは

・自閉症の自分の息子にとって、よい食材だった

・アレルギーの子供たちが食べられるチョコレートを作りたかった

・自分自身のチョコレート中による肌荒れにも悩んでいた(私もだけど)

といった理由。


その理由のどこにも誰かに勝とうという思いはなく、私が妹にローチョコレートの情報を伝えたのも純粋に「妹は子供のそばで仕事をするのがいいだろう」と思っただけ。

 

ローチョコレートを作り続けてきた結果的として新しい働き方も確立できて、小さなころの「ケーキ屋さん」という夢ももれなく叶いだしているだけ。

周りの人たちに響く要素があったとしたら下手な小細工や演出や計算なんてしなかったことが功を奏したのだろうと思う。(そもそも妹に関しては素直さだけが取り柄と言ってもいいほど計算ができるようなタイプでもない)


大好きなチョコレートをひたすらブラッシュアップ。

それをそのまま発信し続けていた。

今どき流行らないかもしれない「いいもの追究」をずっと発信してただけ。


でも、世の中、「いいもの」を好きな人がいる。母数としてはとても少ないけれど。そういった人たちが自分たちのために1つ買い、ドキドキして心拍数マックスでチョコレートを口に運んでくれた。そのドキドキを伝えたくて友達に紹介してくれたり、SNS上で感想を上げてくれるようになった。


そこに「高い」なんてことを書く人はいなかった。


いいものに敏感な人は、自分の心拍数にも敏感な人が多い。心拍数は意識的にコントロールできるものではないから。妹がローチョコレートを見つけたときも同じように高鳴ったと思うし、私も「これだ!」と思ったとき、ローチョコレートと妹の実現したい働き方、チョコレートを食べた人たちがどう反応するかのイメージが繋がったとき…もう妄想段階でバクバクしていた。


心拍数って、連鎖するらしい。


「1つの悩みなら必ず解決できるもん」


妹は最初のころ超健康志向の人と勘違いをされた時期があって実は悩んだことがある。

周りのイメージ通りにそういう自分になって売り出し続けるかどうかという悩みだった。


妹はマクロビの人間ではないし、今はやりの肉も魚も卵も食べないようなヴィーガン、菜食主義のベジタリアンでもない。押し付けるような健康志向ではなくて、どちらかといえば「代替えの1つ」としてローチョコレートと向き合っている。


「今まで口にしてきたものを一気に全部を変えるなんて無理だよね」

「在るモノの中の1つを変えることで、いろいろなことを意識して変えていくきっかけになるといいよね」


という会話が妹と私の間ではよく交わされている。だって、世の中には美味しいものが沢山あるんだもの。美味しいものが好きな人間が美味しいものを辞めるなんて無理だもの。健康な人間なら。


できないことはやめよう。演出なんかしてもそんなもんスグ続かなくなるし。嘘のない素直な提案をしよ?

ということで、

贅沢の仕方の1つを変える…小さな悩みの1つを必ず解決できる贅沢なチョコレートがあるよ?

と等身大の提案をし続けていくことになった。

みんなの読んで良かった!