潜在意識という呪いに気づいて、自分を開放し人生を好転させたアラサー女の話

4 / 5 ページ






そんな中、元カレを引きずって復縁を目指す私に

友人がとあるブログを紹介してくれました。





そのブログには


「引き寄せの法則」と「潜在意識」

のことが書いてあり、



これをやれば私も復縁できるかも…!!!!

と夢中で色々な本を読み始めました。






その中で


「自己評価が低く、自己否定をしてしまう人は

成長の過程で親から否定的な事を言われて

育った場合が多い。


お前はダメだ、お前なんて

と言われたことが

潜在意識として残ってしまう。」


と書いてある本がありました。






私の出所のわからない

自己否定





まさにこれだ…





と、とめどなく涙が溢れてきました。

嗚咽するほど泣いたのです。












ずっと、

何故こんなに自分を責め続けているのだろう

何故自分を認められないんだろう


と苦しんでいました。


友達に心配されるほど、

本当に自分に厳しかったのです。








それが

なんでなのか



やっと原因がわかった瞬間でした。








あぁ、自分がいけないのではなかったんだなぁ

と自分を許し、

否定する気持ちを解放することが出来ました。








潜在意識にすりこまれた、

「自分はダメな人間」

「私なんてどうせ」

「好きな事をやってはいけない」

「我慢しなくてはいけない」

という、

言わば一種の呪いのようなブロックが、

開放されたのです。





もちろん母親も、自分が経験したことから

私に堅実で幸せな道を歩んでもらうために、

このような言葉をかけたのだと思います。





著者のまりこさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。