コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

前話: コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり
次話: コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

■2012年 やせるのは実は簡単だということに気づいた


翌年2012 年、そんな時、

僕を変えた運命の2冊の「本」に出会います。


当時はその本を買うのにも本当にお金がなくて、

たかだか千数百円の本を買うのにも

躊躇(ちゅうちょ)するほどでした。


しかし、その「本」に何か惹かれるものがあったのです。

そして、思い切って買ったのです。

それらを読んで衝撃が走りました。


僕の観念、概念というものを変え、

人生というものの見方がガラッと変わりました。


『こんな考え方があるのか?!』


・・・感動でした。


衝撃的でした。


全身が小刻みに震えました。


・・・そして、気が付いたら、

みるみるやせて、

一気に3ヶ月で10 キロの体重減少に成功したのです


ダイエットに成功した後、

腕時計をした腕を上に向けた時、

スルっと腕の半分まで落ちたときには、

感動すら覚えました。






そして、今まで

毎日食べている物に対し、

いかに自分が無関心であること

を知りました。


それから自分の太っているという

コンプレックスに改めて向き合い

・何故自分は太っているのか

・どうして太る人と太らない人がいるのか

という理由を探りはじめました。



今まで色んなダイエット方法を

試してきましたが

その目先の方法だけではなく

原理・原則を追求し、

結果、25キロの減量に至ったのです。




**************************************************


以上、ここまで、僕が今の

体重になるまでのストーリーを語らせていただきました。

ここまでいかがでしたでしょうか?


そして、まだ、続きがあります。


僕はこの時点で確かにやせました。


しかし、いくら「やせた」とは言え、

それを「人に教える」、

という発想までには至っていませんでした。


僕が「人に教える」

というきっかけも、

また「出会い」でした。


つづく・・・


続きのストーリーはこちら!

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

著者の星野 隼翔さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。