流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

1 / 3 ページ

前話: 支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪
次話: 5店舗合同営業イベント開催 dream!!! オネエは怖い。



惜しくも№3にはなれませんでしたが、


おかげで後輩を追い越し、先輩、上司に


見せつけた流川はなんでもやる気満々です。



先月がんばってくれたイチゴのおばさまは



『11月はお金がないからもう来れない』



ということで諦めていたんですが




 




月初めから即来店♪(笑)



『いらっしゃいませー!!』



おばさま『来ちゃった♪(笑)』



流川『お!いらっしゃい♪もう会えないかと思ってたよw』



おばさま『ごめんごめん。とりあえず、流川っちはビールね♪ 許して(笑)』




と、いつもな感じのおばさまです。




流川的に嬉けど・・・・・





お金あるんじゃんw




お金ないと思ったのに・・・・




だから、ほかのお客様を育てようと・・・・・





がんばったのになあ…




と、来てくれることに越したことありませんからね!!


ちなみにこの時の流川の1週間のうち、


月曜、土曜は同伴出勤だったので、


確実にリピートに繋げることが


出来ていました。



もちろんヘルプにもまわります。



そこで1週間したある日


営業中Sさんに呼ばれました。


『俺の席やっちゃけど、VIPのテーブルでAちゃんが呼んでるよ♪暇やろー?ヘルプついてよ♪』


(AちゃんはSさんの太いお客様、毎日のように来店される方で、色々ホストクラブにも行かれてる。)



流川『わかりました^^すぐ行きます!』


すると…



Aちゃん『流川君さ〜No.4になったっちゃろー??よかったね〜♪でも、Sには勝てんよ♪』



流川『勝てないですって^^;僕も全然ですから』



Aちゃん『でもさー?No.4でさ?なんか天狗よね。』




流川『え?^^;そうです?天狗じゃないですよ』


Aちゃん『天狗は良くないわ。しっかり実力残してもらわんとね。』



流川心の声(おいおい^^;天狗呼ばわり…)




流川『気をつけますm(_ _)m天狗になったら鼻をまたへし折ってください^^;』




と、テーブルを離れ…




著者の流川 ゆさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。