支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪

1 / 7 ページ

前編: Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら
後編: 流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!


10月。


15日(ナンバー中間発表日)の営業終わり。



支配人『お疲れ~♪流川さ、最近調子いいんじゃない??俺も負けてられないわw』



流川『お疲れ様です。そうですか!?ありがとうございます。

少しはできるようになって来たんですよ!支配人のお陰っすw』



支配人『俺より代表のおかげやろー?新人戦の時に色々教えてもらったことが

今できて来てるってことやろーね♪Bには負けんなよw俺は流川に負けないから(笑)』



流川『そうだったらいいんですが(;'∀')絶対Bだけには負けませんよ!おかんの力で成り上がる

坊やには負けたくないです<m(__)m>そして、支配人には勝てないですってw』



支配人『まあ俺に勝つなら全力で来ないと勝てないよ♪・・・・・

とでもプレッシャーかけとこうかなw流川、プレッシャーに弱いしね♪(笑)

あ、お金を使ってもらえるならとことん使ってもらうんだよ。

タイミングを逃したら使ってもらえなくなるからね。』




支配人、すげー爽やかだw



まだまだ甘ちゃんだと思われてライバル視されてないのか、


こんな状態でもアドバイス嬉しい。


(中間発表時の成績・・・№1代表、№2流川、№3支配人)



やっと成績も上がって来て、

先輩、上司と肩を並べて勝負することができることに


不安も覚えず。





ただまっすぐに行けるところまで行こう!


(ナンバーの話です。)



ってこの時は思っていました。




次の日、




『いらっしゃいませー!』


 




案内係りのホスト、それにつられて店内のホスト達が




声を出す。





今日もまたあのイチゴのおばさまだ。



おばさま『あー。今電話したとこだったのに~またレジでFさんと話してる。』


流川『ごめんごめんw今仕事の話を・・・・』



おばさま『いや。絶対今遊んでたよね。でも許すよ。あたしレイジのお姉ちゃんだし』

流川『う、うん。お、姉ちゃんだもんねw』



流川心の声(いつから俺の姉ちゃんじゃ!!!)




おばさま『はいこれ♪お姉ちゃんから差し入れ』





でた!!!




いつものイチゴのチョコ!!!!



(未だに名前すら知らなかったんですけどそのままのネーミングなんですねこれw)


ほんとイチゴが好きみたいで



今日もイチゴのシャンパンをオーダー。



流川『あんねー?姉ちゃんに報告があるんだけど・・・・』


おばさま『どうしたー??姉ちゃんができてうれしくて泣きそうとかね?♪』



流川『それはそれで嬉しいけど、昨日中間発表で№2まで行けました<m(__)m>ほんとうにありがとうございます><』


おばさま『そんな改まって話すことじゃないやん~♪姉ちゃんなんだから♪でもおめでとう!弟が喜んでくれるならうれしいわ♪』



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。