口下手で八方美人だった私が、「思いを伝える力」をつけるまで その8

1 / 2 ページ

前編: 口下手を文章力で克服!私が「思いを伝える力」をつけるまで その7

ここまで7回に分けて、

口下手で八方美人だった私の変化の過程をお伝えしてきました。

学生時代のトラウマから、

嫌われるのを恐れて常に周りを伺って、人に合わせていた。

自分の意見を主張するなんて、恐くてできなかった。

強い自分でいなきゃと、いつも肩に力が入っていた。

そんな私は、働き方を見直すことをきっかけにして

自分の思いに向き合うようになりました。

・弱さを誰かに見せる勇気(STEP1)

・周りの意見や常識を遮断して、自分の気持ちを優先する素直さ(STEP2)

・自分の思考を整理し、思いを言語化する文章力(STEP3)

私は5年ほどかけて、この3ステップを経験してきました。

抽象的な言い方だけど、

「思いを伝える力」は私を強くしてくれた。

そう自信を持って言えます。


「思いを伝える力」の3ステップが、私の人生をこう変えた

↓ ↓ ↓

◆私も、「私の話を聞いてもらいたい」と思っていたことを知った

うまく喋れないし、ましてや笑わせるような話術は持っていなかったから、

話すなんてハードルが高いし、聞き役に徹して楽しむことで十分だと思っていました。

でも、違った。

口下手な私でさえ、「私の話を聞いてほしい」「私に興味を持ってほしい」

と、潜在的に求めていたんです。

(だから全員、自分の話を聞いてもらいたい・注目してほしいって思ってるはず)

なぜそう思えたのかというと、仕事でセミナーを主催したときに、

自分がする話を一生懸命聞いてくれる方がたくさんいて、快感だったんです。

私のブログを読んで、「とっても役に立ちました!ありがとうございます!」

と言ってもらえると、すっごく嬉しいんです。

「ゆかりさんの話を聞きたい」「ゆかりさんの意見を聞かせてほしい」

信頼感を持ってそんな風に言ってもらえる存在に、私はなりたいです。

◆意思決定のスピードが早くなった

自分が食べたいもの・行きたいところ・やるべきこと…

日常生活においても仕事の場でも、自分がいいと思うものを選ぶ意識をしています。

(そのおかげあってか、ネイルのデザインを決めるのも早くなりました♡)

◆弱みを見せられる相手の存在が、心強い

私であれば旦那さんがそういう存在なのですが、

不安や愚痴を吐き出せる相手がいることで、心の安定が保てます。

夫婦仲も、日を増すごとによくなっている気がします♡

(たまーに険悪なときもありますけどねw)

◆自分に興味を持てるようになった

自分が何を感じるのか観察・分析するのが単純に楽しいし、

その考察をシェアすることで誰かの役に立つのも嬉しいです。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。