5店舗合同営業イベント開催 dream!!! オネエは怖い。

2 / 7 ページ

前話: 流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!


ですが、知らないホストの方が多かったですね。



とまあ、緊張しまくりで


夜の9時から営業開始。


もちろん、今日のことは


イチゴのおばさまには告知済み。


知らないホストのヘルプになんて


付きたくないのが本音ですもんw



って思っていたんですが


お客様がどんどん来店される中で


自分も他店舗のヘルプにつくことに・・・




緊張して話どころじゃない~。



なんで知らんホストのヘルプせなあかんのよ!!(笑)


と思っていると


イチゴのおばさま来店。




流川『も~。マジ待ってたんだから。ほんと緊張で死にそうだったw』



おばさま『え~。もう。やっぱり姉ちゃんがいないとだめだね♪』


流川心の声(この際なんでもいい。とりあえず居てくださいw)



と、店内もごちゃごちゃしながら盛り上がり・・・・


いちごのおばさまも


『ちょっと店内に人が居すぎて気分が悪くなって来たかも・・・』





え。




このパターンってまさか帰っちゃうの。




 




せめて2時まで居てくれれば次の予定のお客様来るから




 




それまで居てくれ・・・・




 




と願いも叶わず。




 




 




いちごのおばさまは一時間で会計(-_-;)


おばさま『じゃあ、弟の顔も見れたし♪元気出して頑張るんだよ(笑)』


流川『うん♪今日はありがとう!頑張る(´;ω;`)』



流川心の声「おいおい。これじゃあイベントで爪痕も残せない(-_-;)」


と、おばさまが帰った後。



もちろん。




他店舗のヘルプ回り。



ですが、その中には以前ブログでも登場した


代表のお客様達も来店されていて


そのテーブルにも挨拶をする。


(もちろん中には僕が怒られたお客様もいました。


著者の流川 ゆさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。