③ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「彼のアトリエへ」

1 / 4 ページ

前編: ② 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「パーティーでの出会い」
後編: ④ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「夏のグループ展に出品した絵は?」


「ぼ、僕は、以前、月刊XXでも挿絵を描かせていただいたことがあって…」


 パーティーで出会った画家の岡村は、感激した面持ちで私に告げるのです。

「ああ、上流階級の夫人が、女友達の姦計で、娼婦に落ちていくと言うお話ですね」

「そ、そうです。その時、作家の先生は、シニオンが似合う和風の女性かな? と想像しておりました」

 

 その時、長い髪を背に下ろして、赤いキャミソールに黒のミニスカートだった私が笑って、

「あらっ! じゃあ、イメージ違ってがっかりなさったんじゃありません? 」

 と言うと、彼は赤くなり、

「いえ、けっしてそんなことはありません。まだお若いお嬢様のような方なんですね」

 彼は私を、照れたようなはにかんだ目で見つめました。

「あのう…」

 彼は、胸の前でつんつん指をあわせながら、恥ずかしそうな口調で、

「挿絵を書いておりますと、女主人公の服装や背景など、作家の方にお聞きしたい時が時々あるんですけれど…そんな時、お電話さしあげてもよろしいでしょうか? 」

 と真剣な眼差しで聞きます。

「はい、いいですよ。いつでも」

 ごく気軽に答えました。

 一回目はそんな、なんと言うこともない出会いだったんです。

 それ以来、パーティーで出逢うと、岡村はいつもにこにこと近づいて来て、話しかけてくれるようになりました。

「このあと、お食事に行きませんか?」

 パーティーの帰りなど、彼から食事やお茶に度々誘われたのだが、すべて断っていた。

 私は極度の人見知りで、人と話したり一緒にいたりするのが苦手だったんです。

 人間関係恐怖症? と自分でもおもうくらい…。

 それでもパーティーで逢うと、変わらない態度で彼はいつも話しかけてくれるので、

(この方は私が断っても態度が変わらず親切にしてくれる方…)

 と、彼にだんだんなつくようになっていたのだ。

 そんな顔見知りだけの関係が一年続いた頃。

 あるパーティー会場で、席を外していた彼が戻ってくるなり、

「困ったな…」

 と呟きました。

「いやあ、困った」

「岡村先生、どうなさったんですか?」

 何気なく、私はたずねました。

「実は僕、XX美術連盟の出す6月のカレンダーの絵を描くことになっていて…」

 困ったな、を連発していた彼の話はこうだった。

「さっき出版美術家連盟の島津会長にお会いしたら、岡村くん、カレンダーの絵を早く提出してくださいと言われてしまったんですよ。 提出していないのは君だけだよ、と言われて…」

「そうでしたの」

「実は僕、モデルさんがいないとなかなか絵が描けないんです…」

「そうですか」

 何気なく聞いていると、彼は、

みんなの読んで良かった!