⑫ 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「私の肌色が見つかった!!」 

1 / 5 ページ

前編: ⑪ 無一文で離婚した女が、女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「ああ、肌色が消えていく」
後編: ⑬ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「マンションに引越す」



「また新しいのを買ってきたの?」

 不安そうに彼が見る。

「そう、熱心でしょ。この色なら先生も気に入るかも知れない」

 パレットに少ししぼりだした岡村は、しばらく見ていた。

 筆に取りホワイトと混色する。

 それをキャンバスの端にちょいと塗りつける。

 クリーム色だ。ふううーっ。

 その絵の具は白で溶くときれいなクリーム色に発色した。

 少し濃くするとオレンジ系になる。

 美しい色だ。

 透明感と輝きもある。

「先生、どう? この色は」

 おそるおそる訊ねる。

「うん、いいね! まち子の肌色だよ」

 やったーっ!!

 合格した。

 へなへなとその場にくずれそうだった。

「これで描けるわね!」

「そうだね、いい絵をたくさん描こう」

 私が持って行ったのは、ベネシャンレッドだった。

 ベネチアの画家たちが好んで使ったという色。さすがレンブランドが使った赤だ。

 

 その頃もう一つ苦労したのに、グラッシュ画法があります。

 透明色の絵の具を油たっぷりに解くと、本当に透きとおった感じの色になる。

 塗ると下の色が透けてみえるのだ。

 まず最初に白っぽい基本の肌色を作って塗り、それを乾かしてから、今度は透明色を油たっぷりにといた影色を作って塗り重ねる。

 すると下地がすけつつ、美しい影色や肌の赤味がつくのだ。

 古代からもちいられたすぐれた技法で、本にもちゃんとのっている。

 乾かしては塗り、乾かしては塗り…。

 私はこのグラッシュ技法こそが、彼が水彩画で用いていた技法とそっくり同じであり、それでいけると思っていた。

 しかし実際にやってみると、

「これはまち子の肌じゃない!」

 と彼は叫んだ。

「どうして? すごくきれいな透明の影がついてるわよ」

「みてごらんよ! ぎらぎら光っている」

 彼は腕を組んだ。

「それは、油絵だからよ。みる角度が悪いのよ。こっちからみると、光らないから」

 彼を手招きしようとすると、

「ちがうね!」

みんなの読んで良かった!