⑪ 無一文で離婚した女が、女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「ああ、肌色が消えていく」

1 / 3 ページ

前編: ⑩ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「彼の誓い・いよいよ油絵」
後編: ⑫ 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「私の肌色が見つかった!!」 


 世界堂の油絵コーナー。


「最初は、このくらいの色数で、いいんじゃない」

「そうだね、色は混ぜて作るし…」

 24色セットの、国産の絵の具セットを選ぶ。

「白の絵の具はチューブ入りのを別に買っておこう。なんといっても、白は大量に使うから…水彩で言うと、水がわりだものな」

 あれほど、いやだいやだ、油絵なんてまだ早いよ…と言っておきながら、いざ売り場に来ると、彼はいそいそ嬉しそうでした。

「そうよね、白の色を、どれにするかが、問題よね…」 

 私もあるていど、油絵の具について、本で読んで知識を得ていた。

「シルバーが混じってるのは、発色はいいけれど、毒性があるから指で伸ばせないわ。鉛が多いとヒビ割れて来るって言うし…これが一番描きやすいんじゃない?」

 私が手にとったのは、パーマネントホワイトと名前がついた、大きなチューブです。

「そうだね。初心者には使いやすそうだ。とらえずそれにしておこうか」

 なにもかもが、手探りでした。

 彼が、プラスチックの籠に入れて行く。

「ねえ、先生、この混合の調合油。これ1本で、最初から最後まで描けるらしいわよ」

 ラベルを読んで説明すると、

「それを買っておこう」

 と彼が言った。

「小さい方にしたらいいのか、大きい瓶をかっちゃったほうがいいのか?」

 と、彼が悩んでいる。

「小さな方でいいんじゃない? 最初はお試しだから」

「そうだね」

 小さい調合湯の瓶が、籠に入れられる。

「テレピン油と、筆洗いの油は、絶対に必要だな」

 彼が呟いて、二つの瓶を籠に入れた。

 いよいよパレットだ!!

「これこれ、こういうのを持つのが夢だったんだ…」

 彼は嬉しそうに呟いて、木の大型パレットをあれやこれやと手に取った。

 彼の最初の師である水谷画伯は、油絵の裸婦で知られた巨匠です。

 私も画集で見てすごい! と感動しました。

 後年はお目を悪くされたらしく、大胆に描いているのですが、それでも色使いがすばらしく、裸婦が生きています!!

 親指が入る穴が開いている、油絵用のパレット。

 それは彼が憧れながら今まで持っていなかったものです。

 嬉しそうに木のパレットを彼は買いました。

 それと筆を幾種類か。

 10号と15号のキャンバス。

(すぐに描けるよう布地が張られ白い下地が塗られています)

 

 同じビルにある書店に行って、油絵入門の美術書を3冊買い込む。

 人気画家が出している描き方の入門書です。

みんなの読んで良かった!