7.19

1 / 5 ページ

後編: つづき…

あなたは毎日一緒に過ごす家族の遺体を、明日突然見ることが出来ますか?

人は生を受けた瞬間から死ぬことが決まっています。

今日か、明日か、5年後か10年後か。

やがて来る死はどんな人にも平等で、さまざまな理由で人は死にます。

毎日何処かで誰かの家族が死んでいる今日。

あなたは明日突然家族が遺体になったら、どうしますか?

事故が起きたのは1999年の7月19日。

北海道の短い夏のちょうど真ん中。

よく晴れた青空が広がった昼頃の出来事でした。

私はいつものように、娘を保育園へ預け仕事へ行っていました。

特に忙しくもなく、淡々と仕事にあたっていた昼過ぎのこと。

私宛に入った1本の電話。

「〇〇ちゃん電話だよ、お母さん。」

「え?母が…??なんだろ??」

娘が熱を出したなら保育園から電話がくるはず。

なんだろう?

イタズラじゃないよね…。

母はむやみに仕事中に連絡をしてくるような人では無かったので、検討もつかず電話口に出た。

「もしもし?」

「もしもし?今大丈夫?」

電話の声は紛れもなく母だった。

「うん、どしたの?」

「…ヒロキが事故った。」

「え???」

「仕事上がれる?」

「うん。わかった。行く。」

時間にして数秒の会話だった。

一瞬で嫌な予感がして、私はすぐに娘を連れて行かなければいけないと思った。

みんなの読んで良かった!