カバン持ちからスタート。3年半修行、そして独立。

前話: チャンスの前には恐怖あり。恐怖がないチャンスは成長しない


大きな決断をした僕は、望月さんのカバン持ちから再スタート 。



望月さんの講座には本当に全国各地の成功者が集まってきていました。


パーティーや、会食、セミナーなど僕はほぼ全ての会に、同席させてもらいました。 




同席後、

「なぜ、あの人はなんであんなに成功してるんですか?」

「なぜ、あそこの売り上げは下がってるですか?」

「なぜ、あそこは社員が辞めちゃうんですか?」



疑問に思った事は全て質問して、望月さんは全て答えてくださいました。 また 僕にどんどん挑戦する環境を与えてくださったのです。 新しく考えたセミナーや合宿も全部「いいね!やってみよう!」と肯定し、「だいちゃんは将来絶対成功するから、どんどん思った事をやったらいい」と背中を押してくださいました。


望月さんがそう言って下さるなら、自分の言葉以上にそれを信じて頑張ろう」そう思って仕事に取り組みました。たくさん挑戦して、失敗して、挑戦する。 本当に毎日仕事が楽しかったです。


そして、カバン持ちからスタートして1年半が経過した時 、僕は宝地図の事業を任せてもらえるようになったのです。会員数は全国1200人、規模は億を超えていました。自分より1回り、2周り世代が上のお客様の人生の悩みを聞かせていただくようにもなりました。


仕事、お金、恋愛、家族関係などたくさんの悩みや、解決のケースを見てきたので自然とカウンセリングができるようになりました。


マーケティングの分野では、仲間と協力して企画したweb集客で15000人以上の人をwebから集めて、セミナーを満席毎月する事もこともできました。


本当に多くの経験をさせてもらいました。その中で一番良かったのは、出版のことやセミナービジネスのことも多くありますが、1番は[自分にとっての幸せな人生とは何か?]という基準ができたことです。


年間で1万人以上来場するセミナー会社だと、本当にいろんな人がいらっしゃいます。学生、主婦、サラリーマン、自営業、経営者、投資家など。様々な価値観や考えに触れ、その人たちの幸せの基準を見させていただきました。

本を出して有名で経済的には成功してるのに常に何か不足感、無価値観に支配されていて、全然幸せそうじゃない人もいっぱい見てきました。仲間にもお客様にも恵まれて、本当に楽しい毎日を送ることができたと思ってます。



僕は望月さんのもとで3年半修行して2018年、2月に完全に独立しました。もともと「3年で独立したい」と望月さんにも話をさせていただいてたからです。子供が産まれたことも新たな決断をする大きな要因だったかもしれません。


望月さんは「だいちゃんなら大丈夫!ダメだったらいつでも帰っておいで。帰ってきたらかっこ悪いけどねw」と背中を押してくださいました。器の大きな師匠と最高の仲間と共に仕事をさせてもらったこの3年半は僕にとってかけがえのないものです。

現在僕は今までの経験を活かしならが、コミュニティのプロデューサーとして著者の方、講師の方を中心にどうすれば、コミュニティが広がっていくか考えて、作り込む仕事をしています。

僕のこれからのステージは、「実」を作る事です。どうやって圧倒的な数字を残していけるかです。それには圧倒的にプロデュースの数をこなし、質を上げていくしかありません。

「菊地君は一回、てっぺん叩いたほうがいいよ。自分のワクワクする分野で20代で日本一になりなさい」これは現在、1万人のオンラインサロンの会員を持つキングコングの西野さんに言ってもらった言葉です。

まだまだまだまだ成長途中。たくさん失敗もして突き進んでいきます!この僕のストーリーが少しでも誰かお役に立てればいいと願っています。そして、このストーリーはこれからも続きます。 

独立してからの話は、もう1、2年経ってきたら書きますね。

今僕がやっていることに興味がある人は、メルマガで発信してますのでご登録ください。たまに個別相談やコンサルティングもやってます。

https://mail.os7.biz/add/4DrJ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

著者の菊地 大樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。