チャンスの前には恐怖あり。恐怖がないチャンスは成長しない

1 / 3 ページ

前編: 菊地、メンターに出会う。
後編: カバン持ちからスタート。3年半修行、そして独立。


宝地図の1日セミナーに参加して目標達成のコツを教えてもらった僕の営業成績は50万から200万への4倍になった。もっと望月さんから学ぼうと思った僕は 宝地図マスターコースというコースに入ることにした。 



マスターとは簡単に言うと 望月さんがやっている高額講座でもう成功している人と、これから成功したい人が入ってくる。 



一緒に学ばせていただいた仲間には10万部超えベストセラー作家、億越え経営者、講演家など 

自分の好きなことを仕事にして、楽しそうに稼いでる大人がたくさんいた。 仕事で悩んだことは質問し、取り組むことによって どんどん営業も成果が上がるようになっていった。 



これの何が良かったか?というと



自分にとっての当たり前の基準が変わった。



今までは、やりたい事に挑戦してるのが当たり前だったのが、やりたい事で結果を作っている事が当たり前という思考になった。



また、学びを実践して結果が出たら、望月さんに事細かに上がった成果を報告するようにした。 なぜかというと、望月さんに喜んでもらいたかったからだ。セミナーでは受講しにいくというより手伝いにいく感覚で行った。常に与えることを心がけた。




実はこれは、学生時代に参加した1泊2日で8万のセミナーで教えてもらった秘訣だった。 



世の中の9割の人は、お金を払ったらやってもらえることを考える。

応援され、うまくいく人はお金を払っても、与えることを考える。



僕はセミナーに参加して、何を望月さんに何を与えられるのか?それを考えて行動していた。




そしてある日、望月さんから こんなオファーを受けた。


もちづきさん
だいちゃん。ちょっと話があるんだけど、お茶しない?


と声をかけてもらった。



「はい!是非!よろしくお願いします!」

みんなの読んで良かった!