グローバル盤 オレオレ詐欺を仕事にて経験する

1 / 2 ページ

はじめに

私は最終的にはお金を振り込んでいないので、
厳密には【オレオレ詐欺を経験した】とは言えませんが、
もし振り込んでいた場合の結果はそうであることは明らかなので、
シェアすることにしました。

オレオレ詐欺メール到来

それは僕が、「日本の超閉鎖的な不動産市場をグローバル化したい!」

という突発的な理由で、不動産業界に入って2年目。
少々仕事にも慣れてきた頃でした。

私のお客さんは、平均月30万円位の家賃帯で
探されている外国人の方々が多いのですが、
その日届いた問い合わせメールは、
月家賃200万円のマンションのもので、
しかも「それをすぐに貸してくれ!」と。

通常、海外からの問い合わせには
相手の時間に対応して国際電話するという
スタイルを取っているので、まずは、
電話をすることにしました。

オレオレ詐欺者との対話

その問い合わせはロンドンにいる
お客さんからのものだったので、
ブリティッシュアクセントを期待していたら
アクセントがイギリス人ではなく、
完全にアフリカ系。。。

よく六本木で耳にする道ばたの英語です。

でもまあ、外国人がロンドンで
ビジネスをして成功していることは
良くある事でしょうし、そのまま話を進めました。

まず、お互いが何者でなど、簡単な
アイスブレイク的な自己紹介を済ませた後、
本題に入ってみても、正直ピンと来ないのです。

職場が何処になるからだとか、
日比谷線沿いに住みたいとか、
子供や家族が住みやすい場所が良いとか、
外国人が住みやすいエリアとか、
食洗機は絶対これがいい、

なんてことは一言も言わず、相手はただ
「これをすぐ貸してくれ」と言うだけ。

いつもの流れだと、
ここで 必ず出て来るこだわりやニーズ、
というような、マンションを借りる
ポイントが全く出るのですが、
何も伝わって来ないのです。

それでも、こんなVIP客に沿った対応を
しなければと思い、僕は特に反論もせず
次のステップを踏むことにしました。

怪しい身分証明書


そのお客さんは、まだ日本に来ていないため、
外国人登録証のかわりに、パスポートをスキャン
したものをメールでリクエストしてみました。

すると、1日くらいで返信が届き、そこには
文書ファイルが添付されていました。

「Wordの文書?」

おかしいなと思いつつ、ファイルを開いてみると、
あきらかに誰かのパスポートらしきスキャン画像の
上に、誰かの 写真が貼付けられている!

その写真は白人系の方のものでしたが、
動かしてみると、下から出て来たのは
黒人系の方の写真・・・(汗)

試しにWordのキーボードショートカットの
Command + A を使用して、データ内を選択
してみたら、どうでしょう、そこに表示された
画像の殆どが切り貼りされたものでした!

その時ようやく私は相手を本気で疑い初め、
調査を始めることにしました。

FBI的アクションで下調べ


まず、国際電話をかけている電話番号の
国番号から国を割り出し、WEBの問い合わせ
経路で国を割り出してみた結果はトーゴ。 

ロンドンに近いタイムゾーンである事は
間違いありません。

相手の勤務先をGoogleしてみても
Websiteは見つからず、姓名を
GoogleとFbで探してみても、
勤務先と合致する結果はありません。

これから、こちらも本格的に動き出し
相手の本気度を探る事になります。

手付金で、相手の本気度をチェック

まず、申し上げておきますが、
手付金を請求するのは違法ではありません。
しかし通常、私がお客様の本気度を
確かめるために、それを請求することは
ありません。

しかし、今回はあまりにも
相手が怪しすぎるため、後々のトラブルを
防ぐために、手付金を1ヶ月分請求してみました。

すると相手からは、あっさり返事が
帰ってきてオーケーとの事なので、
請求書を作成し、PDFで送りました。

その2日後、相手から以下のような
内容のメールが届きました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。