グローバル盤 オレオレ詐欺を仕事にて経験する

1 / 5 ページ

はじめに

私は最終的にはお金を振り込んでいないので、
厳密には【オレオレ詐欺を経験した】とは言えませんが、
もし振り込んでいた場合の結果はそうであることは明らかなので、
シェアすることにしました。

オレオレ詐欺メール到来

それは僕が、「日本の超閉鎖的な不動産市場をグローバル化したい!」

という突発的な理由で、不動産業界に入って2年目。
少々仕事にも慣れてきた頃でした。

私のお客さんは、平均月30万円位の家賃帯で
探されている外国人の方々が多いのですが、
その日届いた問い合わせメールは、
月家賃200万円のマンションのもので、
しかも「それをすぐに貸してくれ!」と。

通常、海外からの問い合わせには
相手の時間に対応して国際電話するという
スタイルを取っているので、まずは、
電話をすることにしました。

オレオレ詐欺者との対話

その問い合わせはロンドンにいる
お客さんからのものだったので、
ブリティッシュアクセントを期待していたら
アクセントがイギリス人ではなく、
完全にアフリカ系。。。

よく六本木で耳にする道ばたの英語です。

でもまあ、外国人がロンドンで
ビジネスをして成功していることは
良くある事でしょうし、そのまま話を進めました。

まず、お互いが何者でなど、簡単な
アイスブレイク的な自己紹介を済ませた後、
本題に入ってみても、正直ピンと来ないのです。

職場が何処になるからだとか、
日比谷線沿いに住みたいとか、

みんなの読んで良かった!