2009年 春

1 / 4 ページ

前編: 残しておきたいもの
後編: 『君』との思い出…

『君』が天国に逝ったのを知った

その夜に書いたブログです。

この日から『君』を『君』と呼ぶようになり

ずっと…今も

『君』を想い続けて…

200

【2009年3月14日午前0時29分】


いつも読んでくれる大切な人達に今日は最初に謝っておきます。

ごめんなさい。

今日はグダグダな文章になると思うし、重たくなると思います。

なので、そのままスルーして下さい。

じゃあ書くなよ!って自分でも思ってる。

でも、ここで素直に書かなきゃ、今、自分の気持ちがパンクしてしまいそうなので書かせて下さい。




あたしの大好きだった(…大好きな)“君”が…

天国にいったことを知りました。

もちろん、あたしは家族でもなければ恋人でもない。

だから、知るわけないよね。

今日も、間接的に耳に入ってきた。

4、5日前のことらしい。

他に詳しいことは分からない…

でも、名前と年齢と住所と職業…すべてが一致した。




今朝、“君”の会社の車とすれ違った。

“君”が乗ってるはずの車に他の人が乗ってた。

でも、そういうことはたまにあったから何も思わなかった。

ただ…“君”だと思って手を振ろうとした。

「別の人に手振っちゃった」ってメールでもしようかな…なんて一瞬考えたけどやめた。


その数時間後だよ、こんな話聞いたのは。

もう、あの車に乗ることはないんだね。


“君”にはもう会えないんだね。



嘘だよね…



みんなの読んで良かった!