『君』はしあわせを見つけていたんだね…なのに『君』は

前編: 『君』との思い出…

これも

当時書いたブログです。

あの頃書いてた想いはこれで最後です。

でも

『君』への想いはここから

『今』もまだ

ず〜っと

続いています。

ここから

毎年のように起きる『奇跡』


そして

この大切な想いが今

私の目の前に波のようにきています。

そのあたりも

また綴っていけたらなって思います。

読んでくださって

ありがとうございました。


【2009年3月18日 23時30分】


正直、ずっと信じれなかったけど、今日、本当に“君”のことだってことを聞いた。

そして、どうなったのかも…




この現実を一番受け入れられないのは“君”

だということ。

そして、“君”が愛して、愛された“彼女”だということ。

“彼女”は今どんな想いでいるんだろう…


そう思ったら、あたしがウジウジしてちゃいけないって思った。


“君”が幸せだったことも聞けた。

だからこそ、“君”は生きなきゃいけなかった。

“君”が守らなきゃいけない大切なこと…

“君”が一番望んだ温もり…

ちゃんと見つけてたんだね。

それを聞けてちょっとだけ安心した。



でも、次“君”に会ったらまた説教する。

ほっとけないって言った“彼女”を残して逝ってしまうなんて、どうしようもないよ!!!

二度と“彼女”を泣かさないって言ったのに!




…って一番悔しいのは“君”だよね…







あたしは一番大切な身近な存在である母を亡くしてる…

だから、頭ではちゃんと理解できてた。

消えていく命を。

ただ、真実が聞きたかった。

どんなに嘆き悲しんでも戻るものではないことも。

そして一番の供養は

残されたあたしたちが笑顔で過ごすことだということも。



そして大切な人の命は心の中で生き続けることも。





今日、真実を聞くことができたから、あたしの中で整理ができました。



いつも読んでくれてる大切なみんなへ…



いろいろ心配をかけてしまってごめんなさい。

あたしはもう大丈夫です。

本当に温かい言葉をありがとうございました。



あれから、毎日泣いて

パソコンに向かってわ~って書いて、公開せずに保存して。

そんな毎日を過ごしてたけど。

パソコンに向かって書いてると

自分でも呆れるほど“君”を愛してたみたいです。

最後に素直に伝えれなかったことは後悔してるけど。

“君”にはいっぱい好きって伝えれてよかった。

友達が呆れるほど、大好きって言い続けてたし…



でもね、あたしはこれからも生きていかなきゃいけない。

時には立ち止まることも必要だけど、今はその時ではない。

今は前に進まなきゃいけないから。

今年はあたしにとって大切な節目の年。

だからこそ、この現実をしっかり受け止めて進んでいかなきゃいけない!!

夢は必ず叶うと教えてくれたのも“君”だったから。

あたしは夢を叶える。


この痛みを教えてくれた“君”に感謝してる。



あたしも必ず幸せになるから。



“君”にあの場所で最高の笑顔で報告できるように。

これからも毎日、朝と夕方…あの場所に元気よく行くよ!!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。