『君』はしあわせを見つけていたんだね…なのに『君』は

1 / 3 ページ

前編: 『君』との思い出…

これも

当時書いたブログです。

あの頃書いてた想いはこれで最後です。

でも

『君』への想いはここから

『今』もまだ

ず〜っと

続いています。

ここから

毎年のように起きる『奇跡』


そして

この大切な想いが今

私の目の前に波のようにきています。

そのあたりも

また綴っていけたらなって思います。

読んでくださって

ありがとうございました。


【2009年3月18日 23時30分】


正直、ずっと信じれなかったけど、今日、本当に“君”のことだってことを聞いた。

そして、どうなったのかも…




この現実を一番受け入れられないのは“君”

だということ。

そして、“君”が愛して、愛された“彼女”だということ。

“彼女”は今どんな想いでいるんだろう…


そう思ったら、あたしがウジウジしてちゃいけないって思った。


“君”が幸せだったことも聞けた。

だからこそ、“君”は生きなきゃいけなかった。

“君”が守らなきゃいけない大切なこと…

“君”が一番望んだ温もり…

ちゃんと見つけてたんだね。

それを聞けてちょっとだけ安心した。



でも、次“君”に会ったらまた説教する。

ほっとけないって言った“彼女”を残して逝ってしまうなんて、どうしようもないよ!!!

みんなの読んで良かった!