”ミスター・バスケットボール”に憧れて

1 / 5 ページ

Bリーグ元年も先日のアワードセレモニーを持って全てが終了。

日本のバスケットボールがかつてないほどメディアなどで取り上げられ、バスケットを愛する一人の人間として、本当に本当に楽しい8ヶ月だった。

Bリーグをきっかけにバスケットを始めた子供達も多いと思う。

これもまた本当に嬉しいこと。

僕は『スラムダンク』に影響を受けてバスケットボールを始めた。

それが中学生になってから・・だから今から24年前。

その頃こんなニックネームを持つ選手がいた。

“ミスター・バスケットボール”

佐古賢一という選手。

初めて佐古選手のプレーを観た日から虜となり、ずっとずっと憧れていた。

そんな佐古選手に会いたくて会いたくてふるえていた中学時代。

修学旅行で佐古選手が所属していた「いすゞ自動車」に会いに行くと決意し、マネージャーさんに連絡。

OKのお返事。

ワクワクしながら当日、体育館へ。

しかし、おじさん&おばさんがずっと卓球やってて、待てど暮らせどバスケットが始まらない。

マネージャーさんに連絡してみる。

「君たち、一体、どこにいるの!??」

「え、体育館にいますけど・・」

「どこの!?」

「川崎市の・・」

「違うよ、いすゞの体育館だよ!」

「えーーー!!」

みんなの読んで良かった!