インドネシアの会社が4年目に突入。それでもまだ僕は生きている。

1 / 4 ページ

前編: インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(後編) 〜2年が経った今〜

早いものでインドネシア4年目を迎えました。


2017年5月でインドネシアの会社は満3歳。

僕もジャカルタで生活をはじめ会社とともに4年生になりました。

そして気づくと先日34歳へとまたひとつ歳を重ねることができました。

まだ独身です。

おでんが好きです。



さて。前回会社設立から1年経過した時点で赤裸々な記事を書きました。

非常にたくさんの反響をいただきまして、

記事をたよりに日本からジャカルタまで会いにきてくれる方もいたり、

現地で初めてお会いする方に「記事参考になりました」なんて言っていただいたり、

ぼくの経験が誰かの心に届き、めぐりめぐって跳ね返ってくるんだな。と思ういい機会でした。


あの時からさらに2年が経過し、

事業の方はマーケットの強風に晒されながらも、低空飛行から上昇気流にのるようなタイミングにさしかかっております。この2年間の軌跡を思いかえしてみました。



記憶に残っているエピソードを綴ろうと思います。



現在僕を入れて8名のメンバーで事業をまわしています。

2年前、3名だったんですが8名になりました。

少数精鋭で一騎当千の活躍をしてくれるメンバーに支えられています。


女性が多く活躍する職場です。

また、インドネシア4年目にして初めて僕以外に日本人がジョインしてくれました。




そう。2年前の話。

当時、インドネシアの会社は売上が限りなく透明に近いゼロでした。

経営会議に出席するたびに胃が痛くなりながらも、

明るい未来がすぐそこに来ている、

と、期待値を上げながら株主(様)へ愛と幻想を語っていました。


コストは可能な限り抑える努力はしている。

限られたリソースで積極的にアタックできている。

マーケットも伸びて来ている、見込みも着実に増えている。

しかし売上があがらない。

みんなの読んで良かった!