インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(後編) 〜2年が経った今〜

1 / 5 ページ

前編: インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(前編) 〜最初の1年〜
後編: インドネシアの会社が4年目に突入。それでもまだ僕は生きている。


2014年5月にインドネシアジャカルタで会社を立ち上げ、2015年5月の今、設立からちょうど1年が経ちます。この1年のできごとをざっと振り返っていきます。


■ "1年かかってしまった?" それとも "1年で出来た?" 


事業を開始して1年が過ぎ、正直な感想は本当に早いスピードで時間が "経ってしまった" ということです。


毎月、毎週、毎日のレベルで、目指すべきものに対して今いる自分の立ち位置を確認しています、事業の大筋の方向性や根っこの部分は変えることはありませんが、戦略やアプローチ手法などは市場の変化やユーザーニーズにあわせて、試行錯誤しながら微修正を繰り返しています。日本では一定のマーケット熟成があったのでこのサイクルは頻繁にまわす必要がなかったのですが、インドネシアでは1年かけてこの作業をしてきました。


本来であれば、活動量が増えれば成果も比例して上がっていくような筋肉質な状況が望ましいのですが、僕たちは事業開始からすぐにはマーケットを掴みきれなかったということを認めなければなりません。


そして今、ようやく着実に積み上がっている数字や、経験値やネットワークの拡大から、1年がたってようやく市場を捉えはじめてきた感覚がでてきました。


ここまでを "1年かかってしまった"と考えるか "1年で出来た" と考えるかは、ビジネスモデルやプロダクトによって違いはあるかと思いますが、僕はまだどちらだったのかは分かりません。

もう1年かけて市場に問いかけてみたいと思います。


おこがましい言い方かもしれませんが、僕たちは市場を創り育てていくプレーヤーになることを目指しています。しかし市場が生まれるタイミングを計ることは難しいと思っています。いかに市場のそばで流れを感じ、来たるべき時を待ち瞬時に反応する事ができるか。これが重要だと思っています。



■会社というイキモノには血液が流れている

よくそれは、事業資金といわれています。会社が存続するため、営業をするため、新しいものを作るため、なにをするにしても資金が必要です。


言うなれば呼吸をするだけでも血液が必要なのと同様に、

会社も、ただ立っているだけでも資金が必要です。

そして長生きするためには血液の循環が必要です。


幸運な事に、事業を開始するための資金として少なくない金額を預けていただきました。


少し自分の話をします。

日本で働いている頃、毎月待っていれば口座に給与が振り込まれてきました。給与が入ったら何に使おうかなー、もっと給与上がらないかなー、なんてことをちょくちょく思っていた気がします。

今はどうかというと、もちろん会社のコストとして一定の金額は口座に振り込まれてきます。しかし預かっている事業資金の口座残高も同時に毎月目減りしていくの見て、

「おおお、このコストがあったら、事業のために広告打てるよ、あれも導入できるよ」

なんて事を思ったりもします。

何が言いたいかと言うと、毎月振り込まれてくる給与は自信をもって受取れますかっていうことです。もちろん今これがゼロになったら僕の血液が無くなってしまうので困っちゃうんですが。

僕はいま人生史上一番お金と向き合っていると思います。

その中で気付いたことは、


「無駄遣いに繋がるコストならびた1円も払わねーぜ」

「価値があるものには1,000万円だって即払いだぜ」

ってことです。


みんなの読んで良かった!