驚きと感動の元素編 第2章

1 / 6 ページ

前編: 「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

こんにちは、探究学舎代表の宝槻泰伸です。



突然ですが、子ども(小学校1年〜6年)に「元素の世界(化学)」を面白おかしく教えるとしたら、あなたはどんな授業をしますか??



このコラムは、「人類の叡智と自然の神秘」をいかにして伝えるか、「驚きと感動」をいかにして感じてもらうか、「熱狂と興奮の渦」にいかにして巻き込むか、というミッションに燃える、とある塾長の実録奮闘記(悪戦苦闘記)である。







驚きと感動の元素編 第2章


古代ギリシャ人が打ち立てた四大元素説。この教義を討ち倒さない限り、元素の真実はベールに覆われたままとなってしまう。そんなとき!!大いなる一撃を加えて化学の扉を開いたのが、フランスの化学者アントワーヌ・ラボアジェである。



ラボアジェは四大元素説が誤りである動かぬ証拠を突きつけた。それは一体どんなものだったのか?



そんなストーリーから始まる第2章。しかし実際の授業は前回の振り返りから始まった。



この元素の名前は!!??
ハイ!!金!!



じゃあこの元素は!!??
ハイ!!炭素!!


前回紹介した10個の元素(古代から知られていた物質)について、子ども達は既に画像と名前を脳内で一致させ始めている。10この元素についてはビシバシと手が上がる教室の様子。



さて前回、「この10個の元素を暗記させることが第2章以降の布石となる」と説明していたことを覚えているだろうか? ここで一度そのタネを明かしておきたい。


もともとこの授業の目的は「周期表を美しい!!」と思えるようになることにある。そしてそのために、「周期表を自分で作ってみる」という体験を提供する、これがコアアイデアである。


みんなの読んで良かった!