ドッペルゲンガー

1 / 3 ページ

前編: 賢者の現場不在証明
後編: 地下鉄殺人事件

「疲れてるんじゃないの?」

彰子は青い顔の同僚、慎二にそう聞いた。

確かに今日の彼は顔色も良くないし、少しやつれているような印象を受ける。

だいたい、もう一人の自分を見た。なんて話を彼から真顔で聞かされるとは思わなかった。

普段大人しく真面目に仕事をこなすタイプの男だ。動作が遅いので頭が悪そうに見えるのかもしれないが、実際はとても賢い人だということを彼女は知っている。

それに...

牛乳瓶の底...なんて表現は最近はあまり聞いたことがないけど...かなり度の強い眼鏡しているが、それを外した素顔は結構なイケメンだということも。

もっとも、髪の手入れや、ひどいときは髭の手入れもあまりしていない不精なタイプなので、お世辞にも「お洒落な」人とは言いがたい。

「そうなのかな...まあ、そうかもしれないけど」

彼は下を向いて少し考えるような格好をした。

「あ、そうそう。いい話があるんだよ」

ふいにぱん、と手を打って彰子は立ち上がった。

「あなたの好きなマコちゃんのね。コンサートチケット。手に入れたんだ」

慎二が顔を上げた。

「べ...べつに、好き、というわけじゃあ」

樹真琴。トワイライトガーデスという女ばかりのバンドの小柄で痩せたベーシストだ。最近では美形の男の子のボーカルも追加された異色のバンドだった。

「私、仕事で行けないから、誰かと行ってくれば?」

彰子は「彼氏」と行く予定だったコンサートチケット2枚を机の上に置いた。

 

「思い出しました?」

オーダーしたアイスレモンティーの氷がすっかり少なくなっているのを、彰子はその時はじめて気づいた。

「あ...ご、ごめんなさい」

焦点の合わない瞳を目の前の男に向ける。

丸いメガネのサラリーマンふうの猫背の男だ。

「そうそう。確かにね。そのチケット、あげたの私だった。」

彰子は頭を下げてばつの悪そうな顔をした。

目の前には男の名刺が置いてある。

「で...神崎さん、は、何でそんなことを?」

神崎秀郎、と書かれた名刺を確認しつつ言う。

慎二へ渡したチケットの事を思い出すついでに、彼の目撃した「もう一人の自分」のエピソードまで思い出してしまったのだ。

「あれ?ご存知なかったですか?」

神崎は少し馬鹿にしたように、口元の端を歪めた。

「あのチケット。実は凄いプレミアがついているんですよ。」

はあ。そう言われても彰子にはピンとこない。

確かあれは今年の夏のものだ。もうとっくに終わっている。それにコンサートチケットなんて、終わってしまえば手元には残らないはずだ。

「あの...もしかして、トワイライトガーデスのコンサート、行った事が...」

神崎の言葉は最後まで聞こえなかった。

そう、もちろん、ない。

思い出したくもない、連城司と言う男の名前が彰子の胸をよぎった。

今にして思えば完全に彰子の片思いだったのだが、あのコンサートへ行くこともなく、あっさりと振られたのだ。

そしてもちろん、そのチケットも彼の気をひくために買ったものだ。

彰子の仕草を肯定ととったのか、神崎は続けた。

みんなの読んで良かった!