ベンチャー企業から海外スタートアップへ。20代最後の夜に想うこと。

1 / 2 ページ

後編: インドネシアで起業することを決めて2年が経つ。僕はまだ生きている。(前編) 〜最初の1年〜

実は今日、2013年5月20日は、29歳の最後の夜なんです。


ということで、少しおセンチな気分になりながら筆をとってみる。

30歳になる自分へお土産がわりに書こうと思う。

自分の色んな体験や記憶が風化して「20代何してたっけ?」とならないように。

10年後に見ても恥ずかしくない内容でありますように。。


【渋谷のベンチャー企業で丸7年】


1年目:法人をターゲットに営業活動

 持ち前の老け顔を武器に、ハッタリ営業が功を奏し成績を残す。

 ロジカルに動かなきゃと思いながらドアノック営業を続ける日々。笑

 この1年で10回以上、上司より先に名刺交換させてもらいました。viva貫禄。


2年目:新規事業立ち上げ①

 社内のインキュベーション制度によって新規企画が通り、ウン千万ほどの予算を持ちサービスローンチ

 お金の大事さを痛感したのもこのとき。

 しかし1人でやっていることの寂しさから若干のホームシック状態に陥る。


3年目:新規事業立ち上げ②

 違う新サービス立ち上げのため新たなボスを得てサービスローンチ

 チームっていいなーって思いながら走り続ける。でも2人のチーム。


4年目:企画/マーケ/アライアンス

 所謂、1人コングロマリット的な業務に就き幅広い業界や人と向き合い仕事をする。

 業界問わず、アライアンスパートナーの売上を上げるためには?と四六時中考える。


5年目:マネジメント①

 実はここで初めて自分のチームを持つことに。(寂しがり屋の割に個人商店的な環境がお好みだった)

 万人規模イベントの企画運営もやらせてもらい、ネットベンチャーの割にリアルイベントっていいなーと思うことしばしば。


6年目:マネジメント②

 後輩を育てることに喜びを感じはじめ、マインドコントロールの仕方をまじめに勉強してみたりした。笑

 チームビルディングは、KPI等の数値指標とマインドのかけ算が成長を加速させると実感。


7年目:セルフマネジメント(もはや仕事じゃない?)

 チームマネジメントをする一方で、個人的なネットワークを積極的に作り始めセルフマネジメントに力を入れだす。

 この頃、尊敬する社内のメンバーが新境地に向かいだす。M&Aからの新会社社長。海外現地法人の設立。


と、まあこんな感じに、

ベンチャーのイケイケドンドン具合を味わえて、

高い予算をもらい社内起業も味わえて(結果サービスクローズしてますけど、)、

コングロマリットウェルカムな環境のおかげで各業界知識経験が得られて、

みんなの読んで良かった!