口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ③ スタートライン編

1 / 8 ページ

私は非常に疲れていたせいか、起きた時はすでに21時前だった。風呂に入って髪をセットしてまたカバンを持って・・・

そうなのだ、私は親に内緒でホストを始めていた!

 

私の父親はとても昔気質な人間で、高校生の頃にピアスを開けようとした時もロケットパンチが飛んでくるような父親だった。

その理由は、

 

「男が耳に飾り物などつけるな!アフリカ人じゃあるまいし。みっともない!」

 

とピアス一つでアフリカの方をも否定するような具合だった。

とてもじゃないがホストを始めたなどとは言えなかった。

 

「女を相手に商売するなんぞ、許さん!」

 

とロケットキックが飛んでくるのが分かりきっていたからだ。

 

この日も深夜の電車に乗り店へと向かった。

まだまだ不安と緊張は大きかった。

 

店の下に到着したのは23時45分頃、5分程度店の下で待っていたらSさんがやってきた。

 

「おはようさん!」

 

私も深夜だが「おはようございます。」と挨拶を返し、Sさんが店の鍵をあけた後に、Sさんの後へ続き店へと入って行った。

私がタイムカードを押したぐらいでTさんも出勤してきた。

そして昨日と同じ様に3人でおしぼりを巻き始めた。(その他にも従業員はいたが、それは後後)

 

S「そういえば、源氏名どうする?決まった?」

私「いや、まだ決まってないです。」

T「なんかホストっぽい名前のほうがいいよね。」

私「ん~、そうですね~。」

S「じゃあ・・・K○○なんてどうだ?」

私「それ、いいですね!じゃあKにします。」

T「決まりだな!じゃあ改めてよろしくな、K。」

そんな特別なエピソードもないまま、「B」での私の名前はKになった。

 

命名直後はまだ違和感があったが、そのうちにKという名前が本名みたいに自分自身でも感じるようになっていた。

呼ばれれば、すぐ振り返る という具合に。

今思えば不思議だった。

私がホストを辞めるまでの期間で知りあった人は数知れずいたが、

同じ店のホストでも、仲のいいキャバクラ嬢も、指名してくれる風俗嬢も・・・


本名を知っている人間の方が少ない世界であった。

 

みんなの読んで良かった!