口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑨ 色恋とは?編

1 / 5 ページ

ヒモ状態ながらも、なんとか頑張っていた……。

 

だが……

正攻法だけでは…

つまり、


「楽しく飲む場を提供できるホスト」


としての指名だけで売上を上げるのは無理だった……

 

逆の立場で考えてほしい。

 

全く素振りもないキャバクラの子やスナックの子に、月で何十万も使えるか?


お金を燃やして暖をとるような方なら問題はないだろう。


そうでなければ、

少しお金を持っているぐらいでは厳しいのではないだろうか?

大半の人は自分の飲みたい時に店に行くぐらいだろう。


それでは、売上が上げづらいし安定しない。

 

そこで必要になってくるのが…

そう…

「色恋」(I・RO・KO・I)だ。

 

リアルに考えてもらいたい。

男性目線で書くと、

例えば、同棲しているキャバクラの彼女がいたとしよう。

 

もし


「ほんと御免!

今日、店のオーナーが接待で私の勤務先の店に来るんだ……。

自分のお客さんが来てないと、

マネージャーたちと一緒に、

その人たちの席に着かないといけなくなっちゃうんだよね……

だから今日、少しだけお店に来れないかな?


その人達怖いし……、

○○が来てくれれば、○○の席に着いてやり過ごせるから…



みんなの読んで良かった!