何も考えていない両親が、老後破産まっしぐらだと分かった話

1 / 6 ページ


介護破産や老後貧乏といった特集を見ると、前もって家族間でよく話し合いましょう、といった解決方法が書いてあります。


ただ、実際に、家族会議で親の老後のことを聞いたらこうなった、というのはなかなか見かけないので、お盆に帰省したときの(夫の両親との)家族会議の一部始終を書いてみようと思います。




1、家族会議をしようと思ったきっかけ



私(妻)の祖母が亡くなり、私の母から、祖母の家の土地は借りているから、家をどうしたらいいか、と相談がありました。


相続すると、月々2万円の地代を支払い、家の固定資産税1万円を年1回支払い、しかも家の管理もしなければならない。さらに、地主に対して原状回復する義務があり、家を取り壊すには100万円以上かかる、という状況にあると分かりました。


祖母は資産がほとんどなかったため、母は相続放棄をすることになりました。




私の祖母が亡くなったことで、私たち夫婦とも祖父母はもういないのですが、次は、親の老後が待っています。


祖母の相続放棄の一件から、老後の問題は他人事ではない、親の老後について今から考えておかないと、自分たちまで破産しかねない、という危機感が一気にやってきました。


そんなとき、ちょうど帰省のタイミングだったので、(夫の)両親の老後について根掘り葉掘り聞いてこよう、ということになりました。



2、実家での家族会議 -聞き取り編-




家族会議について書く前に、(夫の)両親の状況を簡単にまとめます。


父:65歳。収入は厚生年金。定年退職し、家事やモモ(ねこ)の世話をしている。


母:60歳。収入はパートの給料。国民年金は65歳からもらう予定。


資産:築30年の自宅と、車2台あり。貯金と借金については不明。




実家に着くと、夫はすぐ本題に入りました。

話題が飛び飛びで、まとまりないですが、話の流れは、だいたいこんな感じでした。


みんなの読んで良かった!