最愛のビッチな妻が死んだ 第1章 出会い

1 / 9 ページ

後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第2章 初夜

第1章 出会い

「腕にBITCHってタトゥ入れてるおもしろい女性がいるんです。キタハラさん、絶対好きだと思うんで、今度紹介しますよ」

すべての始まりは知り合いの漫画家さんの一言からだった。

某雑誌社で働いている僕は「何か仕事の足しになればいいな」と軽い気持ちで了承した。その後、「キューティハニー」なるグループLINEが作成され、僕たちは会うためのやり取りを始めた。

なぜか、漫画家さんはあげはに僕をイケメンと伝えていたらしい。あげはは全然信じていなかったようだけど。

2月17日、会う当日。

指定された場所は六本木の会員制バー。いかにも芸能人御用達って感じの場所で、場違いな僕は漫画家さんと合流した。

待ち合わせ時刻に、あげはは当たり前の様に遅れてやってきた。

「初めまして、あげはです」

金髪で胸を強調した服、タトゥの露出度高め、インパクト抜群の彼女は悪びれた様子もなく、席についた。

(おいおい、いろいろカマせ過ぎだろ)

僕は内心そう思った。僕はただの飲み会、あげはは取材と、お互い勘違いしている状況の中、会はスタート。

僕は取材とは思っていなかったものの、あげはの警戒心バリバリの挑発的な口調、高圧的な態度に対し、取材モードに切り替えてしまい、相手がイヤがるような質問をバンバンした。

怒らせて、感情を引き出そうと試みたことは覚えている。

あげはの生い立ちやタトゥのこと、隠そうともしないリスカの跡。目に付く疑問符をあえてストレートに聞きまくった。

「アタシ、障害者だから。双極性障害。30までに死ぬのが90%の病気だし」「アタシはメンヘラ界の神だから。マジ、宗教開こうかと思ってる」

「晴れ女レベルじゃない、アタシは天気を司ってる。天照(アマテラス)だから」

「親は知らない。15歳で家出して、沖縄行って夜の世界で働いてた」「18歳で結婚した相手がいまの義父」

「あげはって名前は戸籍上も本物。昔の名前は忘れたくて、改名した」

「アタシに落とせない男はいない。有名人とヤルのがステータスだった時期もある」

「された相手の気持ち考えたことあります?」「それは逃げてるだけじゃないですか?」「わざわざ、その選択をしたなら、あなた自身の意思があるんじゃないですか?」

みんなの読んで良かった!