最愛のビッチな妻が死んだ 第1章 出会い

1 / 3 ページ

後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第2章 初夜

第1章 出会い

「腕にBITCHってタトゥ入れてるおもしろい女性がいるんです。キタハラさん、絶対好きだと思うんで、今度紹介しますよ」

すべての始まりは知り合いの漫画家さんの一言からだった。

某雑誌社で働いている僕は「何か仕事の足しになればいいな」と軽い気持ちで了承した。その後、「キューティハニー」なるグループLINEが作成され、僕たちは会うためのやり取りを始めた。

なぜか、漫画家さんはあげはに僕をイケメンと伝えていたらしい。あげはは全然信じていなかったようだけど。

2月17日、会う当日。

指定された場所は六本木の会員制バー。いかにも芸能人御用達って感じの場所で、場違いな僕は漫画家さんと合流した。

待ち合わせ時刻に、あげはは当たり前の様に遅れてやってきた。

「初めまして、あげはです」

金髪で胸を強調した服、タトゥの露出度高め、インパクト抜群の彼女は悪びれた様子もなく、席についた。

(おいおい、いろいろカマせ過ぎだろ)

僕は内心そう思った。僕はただの飲み会、あげはは取材と、お互い勘違いしている状況の中、会はスタート。

僕は取材とは思っていなかったものの、あげはの警戒心バリバリの挑発的な口調、高圧的な態度に対し、取材モードに切り替えてしまい、相手がイヤがるような質問をバンバンした。

怒らせて、感情を引き出そうと試みたことは覚えている。

あげはの生い立ちやタトゥのこと、隠そうともしないリスカの跡。目に付く疑問符をあえてストレートに聞きまくった。

「アタシ、障害者だから。双極性障害。30までに死ぬのが90%の病気だし」「アタシはメンヘラ界の神だから。マジ、宗教開こうかと思ってる」

「晴れ女レベルじゃない、アタシは天気を司ってる。天照(アマテラス)だから」

「親は知らない。15歳で家出して、沖縄行って夜の世界で働いてた」「18歳で結婚した相手がいまの義父」

「あげはって名前は戸籍上も本物。昔の名前は忘れたくて、改名した」

「アタシに落とせない男はいない。有名人とヤルのがステータスだった時期もある」

「された相手の気持ち考えたことあります?」「それは逃げてるだけじゃないですか?」「わざわざ、その選択をしたなら、あなた自身の意思があるんじゃないですか?」

そんな失礼な質問にも、あげははじっと僕の目を見据えて、逃げずに答えてくれた。イヤな顔しながら。

現在はSMの女王様をしているという、外見とピッタリ合致する職業だと思った。

横では下戸の漫画家さんが、洋楽をシラフで熱唱している。

当時、離婚したてでセフレありの僕は特に異性の出会いを求めていない。

不妊治療で種ナシと診断され、浮気癖の治らない僕に元の嫁は離婚届けを突きつけた。家庭と、恋愛と、世間体の雑音に揺れる彼女を止める理由もなく、了承。

引っ越し先が決まり完全に離婚……のはずだったものの、恥ずかしい話であるが、仕事で使っていた車を停めるための駐車場が見つからず、彼女が購入した家のローンを些少払うことで車を停めさせてもらっている状況であった。

「アンタ、結婚はしてるの?」

不意な質問に、僕は半分正直、半分ウソで答えた。

「先月末に離婚が成立して、バツ1なりたてですね」

「へぇ〜、アタシはバツ2。そうなんだ」

少しだが、あげはが取材相手としてではなく、僕個人に心を開いた感じがした。

実はこの日、10時に下北沢で別件の取材が入っており、僕は途中で抜ける予定で参加していた。

あげはと会ってから2時間経過、本当に取材をしていたわけではないが面白い話は聞けたし、僕は次の仕事に向け、抜ける理由と定型文通りの丁重なお別れを告げた。

「今日はお忙しい中、お時間割いていただきありがとうございました。また別の機会でお仕事や飲みなど、ご一緒できると嬉しいですね。この後、別の取材入っておりまして、申し訳ありませんが、先に抜けさせていただきます。あとはお2人で楽しんでください」

「まだ飲んでるから、アンタも電車あったら帰ってきなよ」

なぜか、あげはの言葉が耳に残ってる。取材を終えたのは11時過ぎ、普段なら確実に帰宅する時間だ。

酔いが回って眠い、寒い、雪が振りそう……帰るに十分な理由は揃っていた。

しかし、僕は何度も乗り換えをこなし、六本木に戻った。このときの僕を褒めてあげたい。

2月18日午前0時過ぎ、バーのドアを開けるとマイク両手持ちでニルヴァーナを熱唱している漫画家さんと退屈そうに携帯をイジりながら、タバコを吸っているあげはの姿があった。

「ホントに帰ってきたんだ」

心なしか嬉しそうな素振りを見せてくれたあげは。その笑顔に、僕は帰ってきてよかったと感じた。

僕はあげはと出会ったのだ。

少しすると漫画家さんが「終電あるんで」とお金を置いて帰っていった。

残された僕らは先ほどとは違い、緊張した、おぼこい感じでお互いの好きなことの話を始めた。

あげはの口調も打って変わって優しくなり、一人称も「あたし」から「あげ」に変わっていた。

ついでに僕の一人称も「僕」から「俺」に変わっていた。

僕の着ていたパンクドランカーズのパーカーとヴィヴィアンのアーマーリングを「いいね。あげもパンドラやヴィヴィアン好きだよ」と、少しはにかみながら褒めてくれた。

好きな映画、好きな音楽、好きな本、好きな服、人見知りな僕が初対面でこんなに人と自分の話をしたことは後にも先にもない。

メンヘラレベルは、プロとアマ、メジャーとアンダーグラウンドぐらい差があるが、人間的に僕はあげはと似ていると感じ始めていた。

あげははどう感じていたのだろう。

「俺、ワイヨリカ好きでしたね」

「ホント!あげも大好き」

ふと出た音楽ユニットの名前。

僕たちのドン当たり世代であるミッシェルやブランキーなどより、人気の分母が少ないであろうワイヨリカの話ですごく盛り上がった。

カラオケであげはが、僕のリクエスト曲『さあ行こう』を歌ってくれた。

僕はミッシェルの『GIRLFRIEND』と『世界の終わり』を歌った。

カラオケが苦手な僕はほとんど歌わず、2人は歌うことより、話すことに夢中になり、途中から、お互いの好きな歌を入れ、BGM代わりに語り明かした。

「30歳まで生きれたから、もうあとはどうなってもいいんだ。やりたいと思ったことは絶対に妥協しない。いつだってそう生きてきた。今はもう優しいパパとかわいいニャンコいるし。死ぬのはいつだってできる」

取材モードのときとは違い、本音らしい言葉をたまに漏らす。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。