最愛のビッチな妻が死んだ 第5章

1 / 2 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第4章

交際6日目 2月23日


この日僕は、あげはに会いたい一心で早く仕事を終わらせた。


「脱兎の如く会社を脱出!」

「あは、お疲れ様! 今日これから仕事は?」

「打ち合わせ一本して、8時ぐらいには終わり」

「おウチ帰りたいな」

「実家(日暮里)に帰る?」

「んーん、共輔との愛の巣に」


あげはは夜から知り合いのシェアハウスに「喝を入れにきて」と頼まれたので出かけるらしいい。


「喝ってなんだ。でも欲されたら行って100求められたら460で対応してしまう。そんな彼女です」


あげはに毎日素敵な喝を入れられている僕はSNSに「僕はハッピーパウダーにまみれている」と投稿していた。完全に浮かれている。


「ハッピーターンまみれでおウチに帰りたい。ハッピーパウダーはあげが撒き散らす」

「待ってるかも」

「ハマったら大変。終電が早過ぎる」

「終電に間に合うよう祈ったり、圧力かけたりするわ」

「あわよくば車で迎えにと思っていた。ねー明日は?」

「仕事は昼過ぎからだよ」

「じゃあ、ゆっくり寝てて」

「帰宅。終電逃しそう?」


あげはは毎日のように会っている僕に手紙を書いていた。


「なんでいつも一緒にいるのに手紙?」

「あは、手紙書くの好きなんだ。終電は、まだわかんない」

「状況わかったら教えて」

「状況? 共輔が好きで好きで仕方ない」


2人の状況はいつだって変わらない。


「ねえ、求婚以外で史上最大の愛の表現方法を教えて」

「じゃあ、一緒に住んでいれる時間は一緒にいたい」

「あとは?」

「いっばい愛したい」

「お互いが相手を好きで、一緒に笑ったり感動したり怒ったり、愛し合ったりバカできたら、いいなと思う。あげもそう思って一緒にいてくれたら、うれしいな」

「それは、あげも本当にそう。嗚呼どうしよう」

「なにが?」

「あの……好きなんです」

みんなの読んで良かった!