最愛のビッチな妻が死んだ 第6章

1 / 3 ページ

後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第7章

交際7日目 2月24日


朝11時ごろ、目覚めとともにあげはにLINEを入れる。


「おはよ」

「おはよ。あー、怠い」「よし、今日は酒を抜こう」


外はあいにくの曇り空だったが、僕の顔は晴れやかだった。


「あげも一念発起して帰ろう。帰って綺麗な服に着替えて好きな人に逢いに行く」

「待ってる」


あげはは家で一緒に住んでいるニャンコたちの心配をしていた。元来「犬派」だった僕も今後、1日会えないだけでも充電が切れ、ニャンコチャージが必要な身体になってしまう。


「急いで帰ってる。切ない」「でも共輔んチ猫駄目。この場合の打開策が見当たらない」

「難しい問題だな」


引っ越したばかりの自宅は隣が大家であり、ペット禁止の家だった。


「実家に帰宅。イチャイチャしてる」

「寂しかったんだろうね」

「ごめんと思っている。明日は仕事? 今日はにゃんことイチャイチャして、明日行こうかなと」

「任せるよ。明日も同じような昼から仕事で夜帰宅、だと思う」

「今日行って明日イチャつくか、ちょっと悩んで連絡する」

「両方」


僕は今も昔も欲張りです。


「違う違う。明日イチャつくのは猫と。今日彼氏とイチャついて明日猫とイチャつくか、今日猫とイチャついて明日彼氏とイチャつくか」

「わかってるよ~」

「どうしたら、両方と毎日イチャつけるかなと思って」

「猫と住みたいんですって、大家に袖の下を」

「むう……ネコとあげとギター、悪くないな。むしろサイコー」


ニャンコ画像が続々と送られてくる。


「長女のノンノンが共輔に逢いたいって」

「キレイなコだね」

「あげの娘だから」


交際から1週間が経ち、僕たちにお義父さんの承諾が出た。


「あー、太一から伝言。いらない服と靴くれたら交際を許可するって。身長体重ほぼ一緒だから大丈夫って伝えてと」

みんなの読んで良かった!