誰も提供していなかった送料無料EC通販サービスを作ってみた話!法人向けソーシャル比較コマース「Comparo」!

次話: 勇気をもらった南三陸町に継続的な支援をしたい!

サービス開発のキッカケ!

あれは、2010年7月ごろだった。
その頃は、コンサルの資料を印刷するために、コピー用紙をいっぱい使っていた。
その日もいつも通り資料を印刷するために、コピー用紙を使っていたら……
独り言
あっ、コピー用紙なくなっちゃったな。ちょっと買いに行くか!
と、車で近くの量販店にコピー用紙を買いに出掛けた。
量販店に着き、いつも通り525円(税込)のコピー用紙一冊を手に取り、レジへ。
お会計も無事済み、車に戻った。
車に乗り込み、ふと
独り言
あれ?往復30分以上かけてコピー用紙だけを買いに来るのって、時間がもったいないな。そうだ。インターネットで購入できないか、家帰ってしらべようっと
家に向かって車を走らせました。
家に到着し、早速インターネットでググるググる(*)
(*ググるとは、インターネットで検索することを指す言葉です。Google(グーグル)する=ググるとなりました!)
事業用に購入したいので、法人向けECサイトを探しました。
いっぱいあるんですねぇ。沢山のサイトを見つけました。
アスクル、たのめーる、カウネットなどなど………
独り言
沢山のサイトがあるんだなぁ。あっ、会社まで届けてくれるんだぁ〜
と、見つけたサイトで、買い物開始!
会社で必要な消耗品はネットで買うことにしようっと、ルンルンしながら、色々と探して欲しいものをカートにいれて、注文画面へ………
独り言
えっ?そうなの?知らなかった。
と思わず自分の目を疑ってしまいました。
なんと購入合計金額が商品合計金額に合わないんです。
その時に購入しようと思った商品はコピー用紙、クリアファイル、ノリ、ホッチキスの針です。大体600円くらいの買い物でしたが、合計金額は900円を超えてました。
そうなんです。通常の法人向けECサイトでは、1500円(当時)以上購入しないと、送料がかかることを初めて知りました。
同時に他のサイトでも同じ商品をカートに入れて比較もしてみました!合計金額(送料込み)の比較する大変さ、時間がかかることも体験しました!

ちょっと意気消沈して、諦めて一旦ブラウザを閉じました。
気分転換に、散歩に出かけることに!

………スタコラスタコラ…………(散歩中の音。えっ、そんな音じゃない?ツッコミはなしでお願いします(笑))
その時………
独り言
あっ、閃いちゃった!みんな喜ぶサービスになるなぁ〜というか自分が欲しいし……
早速会社に戻り、インターネットでググるググる…………
「うむうむ。なるほど。」

ビジネスモデルの企画をしちゃおう

自分がビジネスマンとして雇われている時は、全然気づきませんでした。時間とお金のバランスがとても大切なんだと独立して意識する環境になったから気づいたちょっとしたこと!
それがキッカケになりました。
自分が体験したことって、自分だけでなく、実は沢山の人が困っていることだと思ったんです。
ビジネスモデルを作る時、最初に自分がすることがあります。
それは、妄想(想像)すること!
「自分がまず頭の中で想像の世界を作ります。こんな事できたら便利だな〜とか、こんな機能あったらいいなぁ〜とか、あれこれ想像するんです。」
(人間はこの妄想で、進歩してきたと信じています。想像出来たことは実現の可能性が高いんだって……)
今回は自分の体験がベースになっていたので、かなり簡単に想像出来ちゃいました。そして………
サイトの名前も同時に考えました!
Amazonと比較して欲しい、他の大手サイトとも比べて欲しい、そしてサイト内でも比較できるように!という思いを込めて、スペイン語で比較という意味を持つ「Comparo(コンパロ)」という名前に決定!
私がビジネスモデルを作る時に、整理することは、まずは「想像」して、思いを込めた名前を考えて、次に「何を」そして「誰のために」と考えます。
今回は、「送料無料のサービスを」「私のような中小企業・ベンチャーのために」となります…
最初にどうやってとかお金はどうしよう?と考えると進めることが難しくなるので、あまり考えないようにしています。(人によって違いはあると思いますが、私の場合はまずは制限は取っ払い、とにかく便利な世界を目指すことから妄想しちゃいます。)
さらに参考になるビジネスモデルが世の中にないか?探します。
いわゆるモデリングというものです。
独り言
何か参考になるモデルないかなぁ〜どうせなら送料無料は絶対実現したいなぁ〜
ここでもインターネットが大活躍。ググるググる…………(カチャカチャ
ちょっと煮詰まってきたので、気分転換に本でも買おうっと、Amazonへ!
独り言
Amazonって、便利だな〜送料無料実現しているし………って、これだぁ〜
そうです。やはりここに辿り着きました。
世界のAmazon。当時唯一消費者向けマーケットで送料無料を実現していたAmazon!このAmazonのビジネスモデルを研究開始〜
インターネットで手に入るであろうほとんどのAmazonの戦略や情報・本などを研究しました。
さすが世界一のECサイトだなぁと感心・感動しながら、自分なりにしっかりとAmazonの戦略を理解し、モデリング化完成!
次は、自分がこだわりたいポイントの整理……
1.一個からでも送料無料で出来ること!
2.同一商品同士の比較が簡単に出来ること!
3.一箇所で必要な消耗品が出来るだけ揃うこと!
4.友達やパートナーと簡単に共有出来ること!
……………などなど
とにかく自分が欲しい・皆さんに喜んで貰いたいという思いをできる限り整理……
Amazon以外も参考にして、どんどん企画が整理されていく。
本当に0から物を考えることって大変ですよねぇ。でも実はほとんどの新しいモデルは既存に存在するものに何か見方を変えたもんをスパイスとして追加したり、組み合わせしたりすると出来上がっているんですよね。
なんだかんだとビジネスモデル企画の整理も出来てきて………

行動・コウドウ・こうどう………

さてプランの1stバージョンが出来たので、実現するために必要なリソースを揃えることに!行動を開始!
過去のビジネス人生で出会った先輩経営者、同僚、パートナーにとにかく会いに行くことに!
ポイントはビジネスプランをやり抜くために、課題を解決出来るパートナー・方法を見つけること!
最初に思いついてから、既に4ヶ月が経ちました………
時間かかりすぎと思われるかも知れませんが、何の後ろ盾もない、資本金1000万円のベンチャーが、大手もやらない、難しい送料無料での法人向け通販サービスを立ち上げるのは、やはり一筋縄ではいかない。
2010年11月のある日、このパートナー協力をいただけたら、大前進するというプレゼンテーションを実施しました!
………ということで、御社にもメリットがあり、弊社も御社の協力により、お客様にも喜んでもらえます!是非ご協力のご検討をよろしくお願いします。
「よし!一緒にやろう!」って、パートナーの常務に言ってもらえた。
この時のパートナーとの出会いがなければ、送料無料の実現はもっと難しかっただろうなと今でも思います。
この件で、ビジネスのコアが出来上がり、更に具体的に動きが………
次の大事なリソースである資金調達とシステム開発のパートナー探しが加速していきます!
ビジネスモデル企画書もバージョン13まで進化!
同時に研究していたソーシャルメディアとBtoBの融合が今後の新しい概念「B with Bを実現が出来る!」と考える。
改めてビジネスに必要なのは、「人とのネットワーク」と感じる。
この準備段階で、会った経営者の数は、200名を超える。色々な意見や紹介をいただき、本当に進化しました。
幾つもの失敗もあったけど、何とか形が見えてきた。
システム開発のパートナーとも合意出来て、システム開発が始まった。

既に3月になり、システム開発も佳境に!
そんな時に あの出来事が………

みんなにも影響を与えた大震災……

実はあまり語っていないことが………
それは皆さんの人生観に多大な影響を与えた「東日本大震災」
「自分の人生観を揺るがす衝撃的な大事件でしたよねぇ!」

大震災後、しばらく混乱が続き………今回のビジネスモデルも本当に提供できるのか?という状態になってしまいました。
独り言
やっぱり無理かなぁ〜
と諦め始めたころ…………
震災後、悶々とした日々が過ぎました。
独り言
「何か出来ることがないのか?」「自分が役に立てることがないのか?」………
そうだ…ボランティアへ行こう!と決意し、東北へ!
ボランティアとして、被災地の人に少しでも貢献出来ればと被災地へ向かいました。
今回ボランティアに選んだ地域は、南三陸町!
想像を超える衝撃的な風景に戸惑いを持ちながら、ボランティアとして、泥かきや廃材撤去など一生懸命やらせていただきました。
独り言
本当にここから再度立ち上がることが出来るのか?心が折れそうな風景に弱音が出そうになりました。
永遠に終わらないのではと思えた泥かきもみんなで力を合わせてやり抜きました!
「そうか!人に出来ないなんてことはないんだ!」って思いました。
地元の小学生が学校から帰ってくると、大きな声で!
「ボランティアの皆さん、こんにちは。本当にありがとうございます。」って笑顔で挨拶してくれる。本当は我々以上にツライのに………
何かが出来ればと思い、南三陸町に来ましたが、逆に沢山の勇気・元気をもらいました。いつかちゃんとまたお礼が出来るようにと心に誓いました!
ボランティアを通じて感じた自分が出来ることをやるんだという思いが私を突き動かしました!

新たな決意………

東京に戻ってきてから、止まっていたComparoプロジェクトを再始動!
「自分が出来ることで、みんなの役に立つんだ。」「東北で事業をやろうとしている人に送料無料でものを届けることは役に立つことなんだ!」と心の中で新たな決意が………
現場把握をし、問題・課題を抽出し、どうやったら解決出来るか?を考え、そして実行!また何かの問題にぶつかり、現場把握をし、と繰り返し、繰り返し………
止まっていた資金調達も無事出来た。嬉しかったのは、新しく株主になっていただく方に、「この事業はよく分からないけど、鈴木さんに投資するよ!思いをしっかりと持ち、楽しんで事業を立ち上げてくれ!」って言われました。
本当涙が出そうになりました………
Comparoを作ろうと思ったのが、2010年7月!
大事なコアになる部分のパートナーの協力をいただけることになったのが、2010年11月!
システム開発が本格化したのは、2010年12月!
Comparoのβ版オープンは4月の予定!(だった。)
そして3月11日に大震災!
悶々と過ごした2ヶ月間……
そしてボランティアに行ったのが、5月!
再始動して何とか形になり、Comparoβ公開の日がやってきました!
2011年7月19日 記念すべきComparoβ版公開!
…………
初日に知り合いの社長が注文をくれた!Comparoを通じた初めての注文……
翌日には、「ちゃんと届いたよ!」と嬉しいお知らせが……
更に東北地方から初の注文が………
「無事に届きますように!」…………

最後に………

2011年12月19日、Comparoは正式なサービスとして公開をしました!
色々なことがありました。そしてくじけそうな時もありました。でも今はComparoを提供出来て、本当に良かった心の底から思っています。
実は日本発の通販サイトとしては、日本で初めて全国送料無料を実現しました。そして日本では初めて、いや世界で初めて購入時合計比較という機能を提供しています。さらにベンチャー通販サイトとしては初めてβ開始時に既に100万アイテム以上購入出来るサイトとしてデビューしました!
まだまだ無名なちっぽけなサービスですが、夢は大きく、志はでかく持ち、これからも頑張って参ります。
お陰様で、Comparoは、北は北海道から南は九州まで、全都道府県の工場・病院・建設現場・オフィス・研究所でご利用いただいています。
が、もっともっと沢山の方のお役に立ちたいと思っています。
さて最後に、私の思いや志を共有させていただき、今回の物語を終わりにしたいと思います。
日本を元気に!
日本の元気がありません。でも日本には底力があるんだと心底信じています。そして労働人口で全体の60%、事業所数で全体の99.7%を占める中小・ベンチャー・SOHOを応援することで、日本は少しでも元気になれると……
東日本大震災の経験を通じて、自分のできることを一生懸命やることがとても大事なんだと気づきました。
最後にComparoを提供するために、沢山の方のご協力をいただきました。本当にありがとうございました。
また最後までお読みいただき、本当に感謝しております。
文章を書くのが苦手なのに、ストーリーを書いてみようとチャレンジしました!
そしてまた今回書くことが出来なかった部分は、続きを書きたいと思います!
次のストーリーは、このサービスを提供するのに最大の勇気をくれた南三陸町への継続的な支援をどのようにやるのか?を悩んだ話!
お楽しみにp(^_^)q
<第一部終了>

PS  今回のお話は、下記サイトの誕生物語でした!
一個から送料無料!工場・病院・建設現場・オフィスで必要な消耗品が揃う!
Comparo(コンパロ)  http://comparo.jp/
*1:全国送料無料ですが、沖縄及び一部離島は別途送料がかかる時があります。
*2:Comparoは、法人向けサイトなので、残念ながら個人の方のご利用はいただけません。個人事業主の方はご利用可能です。
Comparoも応援している「南三陸おらほの学園祭」プロジェクトもよろしくお願いします。
こちらは皆様の応援による、見事目標達成しました!
次は2013年10月5日から始まる「南三陸おらほの学園祭」!

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

勇気をもらった南三陸町に継続的な支援をしたい!

著者の鈴木 隆彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。