最愛のビッチな妻が死んだ 第16章 8月10日まで

1 / 12 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第15章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第17章 太一さんへ

5月20日


今日、三重に向かう車中で決めた。


8月10日まではがんばろう。


あげはへの誕生日プレゼントを思い付いた。


これ以上はないと思うものだ。車中、ネックレスの中に入れてあるトリプタノールを2錠飲んだ。副作用で歯がカチカチ言う。震えながら、ニヤニヤしている僕に助手席のトムさんの表情は困惑していた。


結局、何やっても、何のドラッグやっても絶対的な孤独が勝つ。


おそらく、もうダメだ。シャブでもダメなら、もうムリだろう。


一時的な回避に過ぎない。6月6日まで気張ってがんばって、8月10日で終わりにしよう。


それまで、もつのかな。


好きな人が僕より前に死んでほしくない。


健常者の様に眠りたい、健常者の様に暮らしたい。あげはも何度願ったことだろうか。


21日


三重から帰宅した夜、幼いあげはとSEXする夢で夢精した。次の日は大人のあげはとSEXする夢だった。


LSDが残っていたのだろうか。それ以降は一回もない。


22日


ここんところ、薬に負けてる感じがする。毎日フワフワして、足元もおぼつかない。


最近たまに思い出す、あげはに言われてうれしかった言葉。


「キョウスケのチンコ以外、汚くてシャブれないよ」


汚い言葉だが、僕はジーンときた。僕は単純にうれしかった。


25日


思い付いてから、6日ともたなかった。やっぱり、あげはがいない世界は退屈だ。


タバコを最後に6本、シャブ6回。

みんなの読んで良かった!