愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (1)

後編: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (2)

タイトル「愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語」

サブタイトル「ウゲちゃん! 夢を叶えてくれてありがとう」

作者  宮下【みやした】さつき


はじめに


「愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語」

             宮下さつき


東日本大震災から五年目の、二〇十六年、三月十一日、午前零時【れいじ】四十三分。

「ボクのことを、ゼッタイ忘れないでね」

 と……。

 まるで、その日に逝くことを決めていたかのように、我が家の愛猫、ウゲゲ天野【あまの】は天国に旅立ってしまった。十六歳だった。

 私はあまりにも小さく軽くなってしまった愛猫の体【からだ】に、自分の顔をギューッと押しつけながら、夜中だというのに号泣した。

「母ちゃんは、きみがいて、本当に幸せだったよ――! 楽しかったよ――! 可愛【かわい】かったよ――! ウゲちゃ――ん! 大好きだよ――!」………………。

 何度も、何度も、同じ言葉を繰り返しながら……。

 夫や、長男、次男の涙声や、鼻水をすする音が、私の耳に聞こえる度【たび】、悲しさはさらに増し、しばらくの間、私はただただ泣き続けた。

 愛猫は、フワフワした柔【やわら】かい全身で、家族全員に愛をくれ、私の大きな夢も叶えてくれた。


 この本は、我が家の家族四人と、「ウゲゲ【うげげ】天野【あまの】」というユニークな名前を付けられた猫との、十年間のお話である。


目次

  はじめに

  第一章

「ウゲゲ天野」との出会い

  第二章

「ウゲゲ天野」犬小屋に住む

  第三章

「ウゲゲ天野」と網戸越【あみどご】しの再会

  第四章

「ウゲゲ天野」我が家の三男坊【さんなんぼう】になる

  第五章

「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」出版へ

  第六章

「ウゲゲ天野」は忠犬ハチ公?

  第七章

「ウゲゲ天野」リフォーム生活、頑張る

  第八章

「ウゲゲ天野」と過ごした最期の日々

  第九章

「ウゲゲ天野」きみに会えて、幸せだったよ

  おわりに(ウゲちゃんへ)


続きのストーリーはこちら!

愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (2)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。