愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (5)

1 / 4 ページ

前編: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (4)

第四章「ウゲゲ天野」我が家の三男坊になる

 ウゲゲが、Mさんのお宅に戻っていた頃のこと。

 私は、ウゲゲへの想【おも】いと、また、ウゲゲと出会うきっかけをくれた、大ファンのNSP【エヌエスピー】の故、天野滋さんへの感謝の気持ちを、童話にしたいと思っていた。

 私の実家は、山梨県の大月市。

 母親と、たまたま電話で話している時、私が二十年以上前に入選経験のある山梨日日新聞の「童話」のコーナーが、今でも続いているという話を聞いた。

 私は即座【そくざ】に、母親に

「どうしても書きたい童話があるんだけど、応募の方法と、応募先教えて!」

と頼んだ。


 物語のあらすじは、最初からほぼ決まっていた。

 主人公は「ウゲゲ天野」という名前をつけられたネコ。飼い主の少年が付けてくれた名前を「ふざけている」と気にいらないネコ。

 そんなある日ネコの夢の中に名前の由来の人である天野さんが登場。天野さんは、天国の雲の上でコンサートをしていた。

 ネコは、天野さんの優しい人柄と、素晴らしい歌声にふれ、感動し、自分に付【つ】けられた名前を誇りに思い、好きになっていくという物語。

 私は、ストーリーを組み立て作品を書いた後、何度も推稿を重ねた。作品のタイトルは、「ボクの名前は『ウゲゲ天野』」にした。

 私自身のリアルな感情を、作品の中に思いっ切り込め、山梨日日新聞に投稿した。


 童話のコーナーに入選した場合も、事前の連絡はない。毎週月曜日【げつようび】に入選作が新聞に掲載される。

 皆さん、上手な方ばかりで、掲載されることは、なかなか難【むずか】しい

 書き直しを二回した後、入選することができた。

 六月十八日の早朝。

「さっちゃん、おめでとう! 童話がカラーページで大きく掲載されてるよ。」

 山梨の母親から、嬉しそうに弾【はず】んだ声で電話があった。

 さっそく、新聞社に電話をし、

「二十部ほど送って欲しい」

 と申し込む。

 二日後、掲載された、新聞が届く。

 ドキドキしながら、何度も何度も読み返す。

 挿絵【さしえ】の猫の顔は、大きな口を開けて笑っている。茶目っ気たっぷりで、愛敬【あいきょう】のある顔だ。

 挿絵【さしえ】を描いてくれた先生は、ウゲゲのことを知らないのに、まるで似顔絵のように似ている。

 新聞を一部持って、Mさんの家に走った。

「まあ! すごい。素晴らしいですね」

 Mさんは、大変喜んでくださった。

 私は、この時、Mさんに謝った。

「Mさんのお宅の猫ちゃんは、「兆【ちょう】くん」という立派な名前があるのに、我が家では「ウゲゲ天野」という名前をつけて呼んでいました。ごめんなさいね」

 Mさんは、右手を振り打ち消すように、

「とんでもないですよ!可愛がって頂いて」

と笑顔で答えてくださった。

 今日は、ウゲゲの声は聞こえない

「兆くんは元気ですか」

「今は、眠っているみたいですけどね……。いつも外に出たがって、鳴き続けて……。私も眠れなくて。やっぱり、疲れてしまいますね」

 Mさんは、困ったような顔をなさった。

 私は、

「我が家に連れて来てください」

みんなの読んで良かった!