最愛のビッチな妻が死んだ 第28章

1 / 4 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第27章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第29章 僕たちの罪と罰

「西荻夫婦読みたい」

「何してても辛い」

「暑いっす」

「自分限界っす」

 夜中、あげはからのLINEが止まらなかった。僕は入稿日で締め切りが重なっているため、会社に泊まりがけで作業しており、具合の悪いあげはのそばにいられなかった。

「ごめんなさい」

「アタシはシオリじゃない」

 あげはの落ちてる理由は前妻について考え込んでしまったからだった。

「シオリのかわりでもない」

「わかってるよ」

「寂しさの穴埋めをするためにいるわけでもない」

 僕がどうしても亡くなった前妻へショックを受けていることを感じたあげはの不満が爆発した。

「愛する人が死んだら、同じ気持ちになれるなら。太一に死んでもらう」

「同じ気持ちを味わっても」

「そしたら気持ちは対等でしょ」

「死者は生き返らないし、誰も喜ばないし、悲しむ人が増えるだけ」

「知らねーよ。じゃあ生きてるアタシのことをもっと考えろよ。死んだら終わりなんだよ」

 僕は僕なりに、10年間は付き合った前妻がいなくなったことへの気持ちをうまく消化できていないことに気付いていた。一緒に生活している敏感なあげはにとって、それは非常に苦痛であったのだ。

「生半可な気持ちで小林の家を出たワケじゃないけど」

「辛い」

「もう」

「傷が深くなる前に」

「出て行った方がいいのかな」

 あげはからのLINEは止まらなかった。

「なんでそうなるわけ」

「アタシは人より壊れやすいよ。ずっと長いこと病んでて。もう隠し切れない」

「こんなことで壊れる関係性なら続かないよ。僕はショックを受けることも、ショックを受けてないふりも、強がることも以前の生活を続けることもできないのなら」

「聞きたくない。出てくから、わかった」

「本当に出てくの」

「嘘だよ出て行かない。エイプリルフールだから」

 優しい、誰も得しない、そしてその嘘が嘘であることもお互いに知っていた。

「好きなの」

「それでも」

「じゃあ」

「信じて」

「ちょっと論点ズレてんだよね。別に信じてないワケじゃない。無神経だっつってんの」

「それはわかったから。じゃあ全部全部、正直に話さない方がいいの?」

「相談する相手が間違ってるでしょ。なんて言ったら正解だったの? 運転してた男を殺したいの、正解を教えてよ。あるならね」

「殺せばいい」

「そう言ったじゃない。でもアタシが悲しむにアタシに逢えなくなるから実行にうつさないなら」

「正解で終わった」

「それはアタシに言う必要のない話。自分は気持ち良く終わって、アタシは殺せばいいという嘘をつくのに」

「つらかった」

みんなの読んで良かった!