最愛のビッチな妻が死んだ 第30章

後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第32章 対話と邂逅

交際45日目 4月2日

「お疲れ様」

「着いた」

「おかえりなさい」

「ただいま」

 ちょうど12時に僕は家に帰ってきた。

「アタシはどこにも行けなかったよ」

「色々行ったけど」

「そっか」

「今どこ?」

「わかんない」

「帰ってこれる」

「わかんない」

「帰っていいかも」

「わかんない」

「帰ったきてよ」

「居場所があるかもわかんない」

「あるよ」

「癒してあげられるかもわかんない」

「癒さなくていいよ」

「優しくしてあげられるかもわかんない」

「一緒にいてくれたらそれで満足だよ」

「これからは」

「坂を転がり落ちる様に」

「鬱転するだけだよ」

「落ちたいの?」

「双極性障害舐めてるでしょ。そういうもんなの」

「付き合えばいいの? 何してほしいのか、わからない」

「でしょ」

「アタシだってわかんない」

「具合悪くなるのを止められたらそれは、具合が悪いんじゃなくてただ機嫌が悪いだけ」

「やめられたら、ね」

「アタシは寝たきりになるし」

「突然泣いたり発狂したりするよ」

「鬱転したらね」

「そういうとこ、共輔に見せたくなくて」

「どこまで見せていいか」

「わかんない」

「いっそ2人目の夫の様に」

「匙を投げてくれたら」

「とも思うけど」

「寝たかな」

「お休み」

「夢の中位平穏を」

「アタシが与えられない、平穏」

「起きて、全部なかったことにして」

 午前1時過ぎ、あげはより着信。徹夜続きだった僕は死んだフリをしてるうちに眠り落ちていた。

「今すぐ車で迎えに来て」

 朝8時に起きてすぐにあげはに電話したが。不在着信だった。夕方になり、あげはからLINEが届いた。

「LINEは届くのかしら」

「連絡取れないのね」

「生きてるのか死んでるのかもわからないのね」

「まだ生きてるよ」

「そのうち死ぬの?」

「TwitterもFBも、アカウント消したんでしょ」

「なんで?」

「なんとなく」

「そっか」

「あんなに毎日触っていたのに」

「ベッドでもぞもぞと」

「西荻夫婦、ありがとう」

「今日アタシにどこにいるべきだとか、そういった類の要望、ある?」

「これをするべきだとか、あそこに行くべきだとか、あそこで寝るべきだとか、そういうの」

「ウチのベッドで寝てくれ」

「あとは太一がお見舞いにくるって」

「わかった」

「お金ないから買い物頼んだ。今日はおかえりは、何時に」

「7時か8時には」

「御意」

「買い物して欲しい」

「アタシ料理しかできることもすることもないから」

「せめて料理の腕を磨こうと」

「あはは、太一が馬鹿だよ」

 あげはから動画が送られてくる。

「エキソンパイの箱を利用して包丁ケース作ってるんだけど、芸大生過ぎて超几帳面な仕上がりに」

「もう帰るよ」

「お疲れ様ーー鍵空いてるよ。あと本、届いたよ」

「あら…」

「急な代引きにビビる。太一が貸してくれたけど。また本買ったのね」

「代引き…ゴメンなさい」

「太一まだいるし、払えばいいんじゃないの?」

 あげはから、また動画が送られてきた。

「二本目の包丁ケースが」

「残念なお知らせ」

「チャックは専門外って」

 チャックは「何か壊れたものない? 太一、芸大出身だからなんでも直せるよ」と言われ、僕のスニーカーのチャックが壊れていたのをお願いしていた件だった。

 この日は3人であげはの作った料理を食べ、太一さんは帰っていった。なんとなく、何気に、この夜はエッチをしなかった。

 ただ寝る時にいつもより、ギュッと手を握り、お互いが痛がるくらいのハグをしたのを覚えているだけだ。

続きのストーリーはこちら!

最愛のビッチな妻が死んだ 第32章 対話と邂逅

みんなの読んで良かった!